チビは絶好調!尺ヤマメはフックアウト・・・某管理釣り場2021

某管理釣り場

2021.9.28 GO TO 某管理釣り場。

釣果21匹(ヤマメ19イワナ2。)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①2021.9.28某管理釣り場の状況

②ヤマメ・イワナの活性

③メインフライ「12番スズメバチカディス」

④このヤマメをどう釣ったか?

⑤釣果21匹!すべてのポイントを公開!

⑥後記(コロナに慣れたかな?)

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

コロナ感染防止・拡散防止対策については、こちら

  

状況

2021.9.28某管理釣り場の状況

  • 天気  曇り
  • 気温  18℃(9時半管理棟・車載気温計)
  • 水温  12℃(10時入渓点・肌感覚)
  • 水位  減水(前回釣行2021.9.21との比較)
  • 水位  増水(例年との比較)
  • 風   無風
  • 虫   ナシ

 

ヤマメ・イワナの活性

e-MTBで入渓点に向かう途中にジムニーあり。

川をチェックしながら走るも、ジムニーの主を確認できなかった。

一応先行者の存在を意識しておく。

 

入渓点付近には、こんな木が・・・・

1本や2本ではない、気になるが・・・・。

 

入渓から目立った虫が確認できない。

虫がいないといい・・・・。

それでも、ドライフライに反応がある。

チビヤマメの食欲は、旺盛だ!

チビの猛攻と戯れていると、フツーサイズのヤマメが出る・・・・・が、フッキングミス。

これが無限ループか?っと思えるほど、繰り返される。

 

3回尺イワナ?が出るも、予定通り?のフッキングミス。

そのうちの1匹はネット寸前で逃亡・・・・タメ息が出た。

 

チャラ瀬や浅い場所、小さな反転流・・・・チビヤマメ。

大きなプール、大きな流れの脇・・・・フツーサイズのヤマメ。

ポイントの大きさとサカナの大きさはマッチしているようだ。

 

このヤマメをどう釣ったか?

岩盤区間が多く、釣れない。

大きなポイントは皆無に等しく、あったとしてもかなり虐められているようで反応がない。

 

釣れるのは、チビヤマメばかり・・・・。

岩盤区間でチビが多い理由

岩盤ではサカナが隠れる場所が少ない

流れが速い

水生昆虫(エサ)が少ない

チビヤマメと遊んでいると、突然良型が出る。

予想も・・・・忘れていた頃なので、フックアウトかスッポ抜け。

サイズも釣果も伸びないが、ストレスは増える。

 

チビは、砂が堆積した岩盤の窪みに潜んでいる。

オーバーハングになっていたら、フツーサイズも期待できる。

しかし、小石が堆積している場所からは反応はない。

砂も小石も白いから遠くから、見分けがつかない。

小石・・・・っと思って、うっかり接近すると砂地で・・・・逃げられる。

こんなパターンも多い。

 

ポイント

「砂が堆積した窪み」=「白い水底」

これを手掛かりにポイントを選定する。

遠目からは砂か小石かは判別できないので、サカナの有無でフライを投じるか否かを決定する。

 

サカナの有無・・・・?

ヤマメもイワナもジッと水底に潜んでいるが、全く動かない・・・・ってことはない。

ヤマメなら捕食?のために上流下流へ移動することが多いし、イワナならゆらゆらと尾鰭を動かしている。

この動きを目視で観察し、サカナの有無を判断する。

 

白い水底という観点からポイントを絞り、観察をする。

ポイント①には潜んでいないようだ。

ポイント②も魚影は確認できない・・・・が、水中を流れる落ち葉?の動きからオーバーハングになっているようだ。

ポイント②に的を絞る。

 

実釣

フライは、12番スズメバチカディス。

岩盤の亀裂としかみえないが、オーバーハングになっている。

オーバーハングなら下流からゆっくり静かに接近し、ポイント②との距離3m。

ポイント②のすぐ下流で一段落ちているので、ラインが一段落ちてしまうとドラックがかかり、釣れない。

ライン処理は、いつも以上に慎重にする必要がありそうだ。

 

ポイントの距離がないので、ティペットを詰める。

リーダー+ティペットで10ftくらいかな?

ちなみに、通常は14ftくらい(ロッド2本分)。

 

ループの先端をポイント上流に突き刺さるようにキャスト。

同時にロッドを高く保ち、ラインが水面に付くのを最小限にする。

あっという間にフライがポイントを通過した・・・・・。

 

思った以上に表層の流れが速い。

これでは、ドライフライに反応させるのは難しい。

・・・上体は低く、ゆっくり・・・もう2歩前進・・・アウトリガーで釣る。

ポイント上流にループの先端を突き刺すようにキャスト。

フライの着水と同時にロッドを立てて、ラインを回収・・・・・亀裂の上で停止・・・・出た!

 

どんなポイントで、どんな魚が釣れたか?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記(コロナに慣れたかな?)

リライトをした現在は、2022.11.8。

コロナはまだ収まっていない。

ワクチン接種も5回・・・・・。

なかなか収束しないコロナ、困ったもんである。

 

もうコロナと共に生きることを考える必要がある。

経済もコロナを考慮した上で、回りつつある。

人間も経済もコロナに慣れてきた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました