晩秋のヤマメ釣り!12番フライで釣れるぞ!某管理釣り場2022

某管理釣り場

2022.11.14 GO TO 某管理釣り場

釣果19匹(ヤマメ16イワナ3)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことがわかります。

①2022.11.14某管理釣り場の状況

②ヤマメ・イワナの活性

③メインフライ「12番スズメバチカディス」

④このヤマメをどう釣ったか?

⑤釣果19匹!すべてのポイントを公開!

⑥後記(釣れても、釣れなくても〜〜〜)

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>” class=”speech-icon-image”></figure><div class=西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

コロナ感染防止・拡散防止対策については、こちら

 

状況

2022.11.14某管理釣り場の状況

  • 天気  晴れ
  • 気温  7℃(10時管理棟)
  • 水温  8℃(11時入渓点)
  • 水位  平水(例年との比較)
  • 風   午前中は微風。午後は無風。
  • 虫   ナシ。カゲロウと2回ほど遭遇。

 

ヤマメ・イワナの活性

母の体調確認、高速の渋滞、大間々での通行止めによって到着が大幅に遅れる。

今日は岩盤区間を釣る予定だったが、あまりにも水が少ない・・・。

釣りにならないような感じだし、この区間は川に降りるのも厄介なので、予定変更で下流部を釣る。

 

前日に雨が降ったようで、入渓点までの林道には水溜りが多数。

増水を期待したが・・・・・前回と変わらない。

晩秋の雨は水温低下を伴う傾向があるが、今日は例外だったようで水温は高めだ。

 

虫を期待できる水温だが、残念ながら風がある。

時折強く吹く。

たくさんの枯葉がひらひらと舞って、幻想的だが・・・・・虫とは反比例。

 

濡れた石の上の枯葉にウッカリ足をのせると滑る滑る。

尻もち2回、お手つき5回・・・・・。

怪我をしなかったので、ヨシとする。

 

高めの水温のせいか?ヤマメが流れに入っている。

越冬のために積極的にエサを喰っているようで、反応は多い。

足首〜スネまでの水深での反応が大半である。

今日の釣行区間がヤマメ優勢であるので、イワナは遠慮がち。

流芯付近で水面に出ている石の裏からの反応が多い。

 

このヤマメをどう釣ったか?

渓流に降りると、上空から枯葉が落ちてくる・・・・・いや、舞っている。

時折身体を下流に向けてしまうほどの強風が上流から吹いてくる。

セーラームーンなら変身できそうだが・・・・・55歳のおっさんには無理がありそう。

 

水温が高めなので、ヤマメが流れに入っていると予想。

ズバリ!

・・・・・だが、水面を流れる落ち葉がティペットに絡む。

3投に1回は落ち葉が釣れる。

 

水面を流れる落ち葉、ポイント下流に溜まっている落ち葉・・・・・

これらにティペットが絡むのを嫌うと、ナチュラルドリフトの距離が半減する。

落ち葉にティペットが絡むを覚悟して、距離を流そうとするが、無数に流れる落ち葉のどれかに引っかかって、結局ドラックがかかってしまう。

 

そんな感じの釣り始めであったが、反応は多い。

周囲よりちょっと深くなっている流芯、流芯脇から反応がある。

反転流などの緩い流れでは、反応が少ない。

今日の釣行は、ヤマメ優位の区間だからかもしれないが・・・・。

 

大きめのポイントでは、流れの下流にチビ、上流にフツーサイズ。

しっかりとチビを釣っておかないと、フツーサイズは釣れない。

ナチュラルドリフトの距離がいつもより短くせざる得ない。

いかに気配を消して、ヤマメに接近できるか?が釣果を左右する。

 

ポイント

右岸の岸壁に沿って、ゆっくりとポイントに接近する。

水には足を入れない。

平水とはいえ、夏場よりはかなり減水している。

越冬に備えて食欲旺盛であるのは、ここまでの反応が良さでわかる。

しかし、食欲旺盛を考慮してもヤマメが神経質になっているのは、フッキングが若干甘いことからも判断できる。

慎重にアプローチする。

 

流れがほとんどない・・・・・。

大きなポイントなので、ヤマメが大小5匹以上は潜んでいそう。

水底が右岸側が岩盤、左岸側が砂地で、沈み石は少ない。

<strong>西洋毛ばり人</strong>” class=”speech-icon-image”></figure><div class=西洋毛ばり人

釣れても、1匹・・・・か?

 

目視では水面付近にヤマメはいない。

ポイント下流に溜まっている落ち葉付近を観察してみたが、目視では発見できない。

落ち葉の下に潜んでいる可能性もある。

 

ナチュラルドリフトが可能を思われる距離で、ポイントを上流と下流とに分ける。

 

実釣

ポイント①

ポイント下流に溜まっている落ち葉付近にフライを落としていく。

長時間のナチュラルドリフトでは、ティペットに落ち葉が絡むので、ポンポンと置いていく感じ。

反応ナシ。

 

次に、ポイント①のど真ん中にフライを投じる。

ゆっくりとナチュラルドリフトさせる。

・・・・1・・・・2・・・・     5・・・・・

反応ナシ。

 

ポイント②

流心にフライを投じると、岩盤の上をフライが通過してしまう。

フライをやや上流のポイント中央に投じる。

フライは、12番スズメバチカディス。

12番スズメバチカディスの詳細は、こちら

フロータント処理で、ひと工夫。

このフラットなプールで12番?っと思うかもしれない。

ドライディップに浸けて、乾燥後、ドライシェイクでシャカシャカ!

ウィングだけでなく、ハックルまで浮かせる。

 

キャストでも ひと工夫。

ポイント②は深い場所で腰くらいの水深がある。

フライの存在をヤマメに認識させるため、水面に叩きつけるようにフライを投じる。

一度フライ全体が沈むくらいの強さ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>” class=”speech-icon-image”></figure><div class=西洋毛ばり人

飛んでいるスズメバチ

空中で力尽きた感じを演出!?

 

フライをFに叩きつけるように投じる。

ゆっくりと流れる・・・・・

・・・・1・・・・2・・・・3・・・・・消えた?

フッとフライが消えた。

波紋はない。

瞬間的に・・・・ではなく、ティペットが水面に引き込まれてから、アワセを入れた。

完全に遅アワセ。

辛うじて下顎にハリが引っかかっていた。

 

釣果19匹!すべてのポイントを公開!

<strong>西洋毛ばり人</strong>” class=”speech-icon-image”></figure><div class=西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記(釣れても、釣れなくても〜〜〜)

渓流区間の下流部・・・さらに下流の管理棟付近でも枯葉が舞うようになっていた。

母の体調不良で12日ぶりに釣りにきて、ビックリ!

秋は駆け足でやってくるとは、真実かもしれない。

 

予定では、渓流区間の上流部の岩盤区間を釣るつもりだった。

時間の都合で渓流区間の下流部にしたのだが、上流部は冬かもしれない。

渓流の紅葉樹の葉は落ちているだろうし、水温もL1と比較して1℃は低いはず。

水際の岩は凍ってはいないだろうが、枯葉がへばりついて滑るにちがいない。

 

この時期、次はどこを釣ろうか?迷う。

某管理釣り場なら釣れることは間違いない?が。

楽しく釣るとなると・・・・ムズカシイ。

数釣り

大物釣り

紅葉を楽しむ釣り

初冬を感じる釣り

・・・・・

僕の場合は・・・・・考える釣りかな?

考える釣り。

適度に釣れて、適度に釣れない・・・・・。

しかも、手持ちのフライでなんとかなる程度の難易度。

なかなか欲張りなもんだ。

 

でも、初心に帰れば、釣りに来れるだけでいい。

母の体調不良で釣りに行けなかった時に深く感じた。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました