虫が全くいない・・・それでもヤマメ・イワナの2桁釣果!某管理釣り場2021

某管理釣り場

2021.10.6 GO TO 某管理釣り場。

釣果14匹(ヤマメ3イワナ11)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことがわかります。

①2021.10.6某管理釣り場の状況

②サカナの活性

③メインフライ「12番スズメバチカディス」

④この1匹をどう釣ったか?

⑤どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑥後記(セージTXLの後継機は、いつだ?)

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

コロナ感染防止・拡散防止対策については、こちら

 

状況

2021.10.6某管理釣り場の状況

  • 天気  晴れ 
  • 気温  20℃(9時半管理棟・車載温度計)
  • 水温  14℃(10時半入渓点・肌感覚)
  • 風   無風
  • 虫   ナシ

 

サカナの活性

前回釣行(2021.10.4)では、虫も豊富で、カゲロウが乱舞していた。

・・・・・今日は、まるでいない。

カゲロウどころか、虫がいない。

当然に水面も静か・・・・。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

今回の釣行もカゲロウの乱舞を期待していた

正直ガッカリ・・・・

 

管理棟から続く林道には、くっきりと真新しいワダチ。

軽四駆、ジムニーだろう。

こんなマイナーな釣り場にジムニーで入るということは、ガチの渓流マン。

さて、どの辺りにジムニーの主は入ったか?

かなり上流かな?

 

e-MTBで最上流部まで行ったが、ジムニーはなかった。

ひょっとしたら猟師さんかもしれない。

今日は最上流部に入渓する。

大きめのイワナは、恋愛に夢中のようで食欲がない。

その代わりに、チビイワナが遊び相手をしてくれた。

サカナのサイズに対して、フライが大きいせいか?なかなかフッキングしない。

反応が多くあるので、楽しいのだが・・・・あまりにもフッキングが悪い。

フライをやや小さめの14番アントパラシュートや14番CDCにしてみる。

・・・・・全く反応がない。

再び12番に戻すと、反応が復活した。

どうも今日のイワナは、偏食気味だ!

 

13時半管理釣り場終点まで釣り上がった。

e-MTBで分岐点まで戻り、14時から下流部に再入渓。

ヤマメ優勢の区間。

大きめのヤマメは恋愛に夢中で、フライに興味がない様子。

その分、チビヤマメが食欲旺盛で反応は無数。

その中に、イワナの反応が混じる感じだ。

ヤマメアワセとイワナアワセを瞬間的に判断するのは、高難度!

上流部イワナは恋愛に夢中だったが、下流部イワナは食欲旺盛。

下流部でヤマメとイワナが半々くらい釣れたのは、ちょっと驚いた。

 

この1匹をどう釣ったか?

下流部に再入渓したポイント。

大きめのヤマメが恋愛に夢中で、至る所で戯れあっている。

来シーズンのために野暮な考えは捨てて、イチャイチャポイントはスルー。

 

チビヤマメやイワナが食欲旺盛だ。

通常下流部はヤマメ優勢だが、今日はイワナの反応も多く、瞬間的にヤマメアワセとイワナアワセを使い分ける判断が難しい。

そのせいか?反応は多くあるのだが、スッポ抜けが多い。

要するに、使い分けができていない・・・。 

 

ポイント

チビヤマメとイワナの反応が多い。

イワナといっても、尺・・・・なんて程遠い。

チビイワナを卒業した程度のサイズ。

チビヤマメとイワナとのポイントが重なる。

かなり浅いポイントからも多くの反応があるので、油断できない。

 

減水で風もないので、フラットな水面。

アプローチは、細心さが必要だ。

ポイントとの距離は、7〜10m。

常に低姿勢(膝立ち姿勢)が基本だ。

 

ポイントごとの予想魚種は、下記の通り

  • ポイント①は、石の流芯側にチビヤマメかイワナ
  • ポイント②は、岸壁に沿ってチビヤマメかイワナ
  • ポイント③は、大岩の窪み?にできた反転流でイワナ
  • ポイント④は、白泡の下でチビヤマメかイワナ

 

期待できるのは、ポイント③だ!

 

実釣

ポイント①

緩い流れなので、直接水面に出た石付近にフライを投じるが、反応がナシ。

 

ポイント②

やや長めのポイントなので、上流側と下流側に分けて、2回ずつフライを投じる。

ポイントとの距離は、7m位。

ナローループの先端を水面に突っ込ませて、スラックを作り、ナチュラルドリフト。

反応ナシ。

 

ポイント③

対岸の大岩にループの先端をぶち当てて、スラックを作り、フライをポトリと落とす。

フライは、反転流に乗って・・・・・反応ナシ。

 

ポイント④

フライは、12番スズメバチカディス。

12番スズメバチカディスの詳細は、こちら

ポイント付近を観察するが、魚影は確認できない。

キャスト位置を2〜3歩ポイントに近づける。

もちろん、低姿勢・・・ヒザ立ち姿勢のままだ。

 

ポイントとの距離は、7mくらい。

ナローループの先端を水面に突っ込ませて、スラックを作り、ナチュラルドリフトさせる。

フライは、、白泡の中だ。

白泡の中から黒いモノがスゥ〜っと出てきて、フライを素早く咥えた。

直近に入渓者がいるのだろうか?という素早い動きのイワナ・・・・。

警戒心が高いとの印象を受けた。

 

どんなポイントで、どんなサカナを釣ったか?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記(セージTXLの後継機は、いつだ?)

セージTXLの修理部品がなくなったようで、トップを折った場合修理不能・代替品になるようだ。

非常事態だ!

セージTXL0番に代わるロッドをセージが出してくれれば問題ないのだが、今のラインナップでは・・・・。

7ft0番。

アマゾンで以前オイカワ用?の7ft0-1番ロッドを発見・購入したが、スロー過ぎて話にならなかった。

 

今回の釣行では、セージに代わるロッドを試す目的があった。

ニューロッドだ!

仕上がりはいい感じ。

ビルダーさんのセンスの良さを感じられる。

が、僕はロッドやクルマなどは単なる道具だと考えている。

僕が欲しい性能がなければ、使用目的に合わなければ、容赦ない。

 

このロッドはどうか?

結論から言えば、僕には必要ないもの。

柔らか過ぎだった。

今日の釣行では、2回尺イワナをかけている。

いずれの場合もイワナの動きを制止できなかった。

放流量が最低限のこの釣り場・・・その分、ヤマメ・イワナのファイトは半端ない。

ましてや、管理が行き届いているわけではない。

倒木などの障害物は当たり前・・・・実にワイルドだ。

そんなポイントをイワナは好み

そんなポイントで尺イワナをかける

そして、その動きを制止できないとラインブレイク・・・・。

もちろんバーブレスだが、釣り場に残るフックやラインは決して自然環境にいい影響を与えることはない。

フッキングさせたら、高確率釣り上げ、元気リリースできるパワーのあるロッドが必要だ。

 

以上の理由から、このニューロッドはヤフオクかメルカリ行き。

TXLシリーズの後継機の登場が待ち遠しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました