虫が全くいない・・・・それでもヤマメ・イワナの2桁釣果!シャロムの森2021

シャロムの森釣行

2021.10.6 GO TO シャロムの森。

釣果14匹。ヤマメ2イワナ12。

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことがわかります。

①2021.10.6の状況からどのような釣行プランを選択したか?

②どんな方がエントリーしたか?どんな行動をするか?についての考察

③虫が全く確認できない状況でも釣れるドライフライとは?

④どこにサカナが潜んでいるか?

⑤どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑥小渓流で最強のロッドとは?

 

らんちぼっくす
らんちぼっくす

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜6月末までに395匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちら

 

状況

水位

前回(2021.10.4)の釣行では、虫も豊富で、いい想いをした。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

中1日・・・・今日もいい想いができるんでねっ!?

っと安易な気分に出陣!

林道沿いの川を観察しながら、クルマを走らせる。

一昨日とは全く違って、減水状況・・・・

台風一過の後の減水・・・・・

らんちぼっくす
らんちぼっくす

やな予感・・・・

駐車場

9時30分駐車場に到着。

この時期は、紅葉を見に行く他県ナンバーのクルマが増加・・・・

到着が少し遅くなる。

毎年のことだからイライラしないけど、仕事で道路を使用している人には・・・・ね!?

車載温度計では20℃。

前回と同じ

だが!?

らんちぼっくす
らんちぼっくす

虫は・・・・全く確認できない

スズメバチの挨拶もない

電動アシストMTBの準備、釣り支度を整えても、汗を書くことがなかった。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

湿度が低い

過ごしやすいが・・・・

今日は、ニューロッドをテストする。

このロッドは、セージTXL0番の後継になり得るか?

入渓点

林道を電動アシストMTBで疾走?する。

湿度が低いせいか?汗もかかず、快調に進む。

途中斜度15度くらいのオフロード激坂もあるのだが、スイスイだ!

15分程度で入渓点到着して、10時20分。

前回の退渓点からのエントリー。

今日の入渓点から100m位で管理釣り場の終点。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

釣り場の終点まで3時間位かな?

その後は、下流で婚姻色のヤマメを狙おう!

って作戦だ

ヤマメのペアリングが本格化している時期なので、無理かもしれないが・・・・

前回と同じような気象条件であるが・・・・

全く虫が出ていない。

前回カゲロウが乱舞していたポイントも沈黙・・・・

カゲロウもスズメバチも蛾もハエも・・・・ミッジさえも確認できない。

水流に手を入れてみると、若干高いような・・・・・。

水位は、明らかに減水状況。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

虫の出方と水位との関連性は、大いにある!?

エントリーがもう1組

今日は他に1組エントリーしているようだ。

林道に真新しいタイヤ痕があった。

どこに入ったかは知らないが、午前中は会うことはないだろう。

らんちぼっくす
らんちぼっくす
  • この管理釣り場は、完全ネット予約!
  • 午前中は予約した区間でしか釣ってはいけないルール!
  • 完全C&R
  • 通年放流なし
  • バーブレス使用
  • 餌釣り禁止

午後は、こちらの沢に移動してくる可能性がある。

マイナーな管理釣り場に来る釣り人だから、百戦錬磨であるに違いない。

虫が出てなく、反応が悪いなら、移動という手段はもっとも効果的だから。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

どんな方がエントリーしたか?

どんな行動をするか?

タイヤ痕から車種は、ジムニー。

そして、ガッチガチのマッドタイヤではない。

これだけの情報ではなんとも言えないが、推理してみる。

ジムニー → 単独または2人

ガッチガチのマッドタイヤでない → ぬかるみが多くなる上流まではこない

らんちぼっくす
らんちぼっくす
  • イワナ狙いなら、中流 
  • ヤマメ狙いなら、下流

後者の場合、午後出会う可能性がある。

彼らに会ってしまったら、さらに下流に入ればいいっとしよう。

状況確認・2021.10.6釣行プラン

状況

  • 気温    20℃(駐車場・車載温度計)
  • 水温    14℃(肌感覚)
  • 水位    減水状況
  • 天気    晴れ
  • 風     無風
  • 虫が全く確認できない
  • 僕の他にエントリーしている人がいる。おそらく2人
  • 午後に彼らがヤマメ狙いなら、出会う可能性がある

上記の基づいて、2021.10.6釣行プランを選択した

らんちぼっくす
らんちぼっくす

2021.10.6釣行プラン

  • ロッド   ニューロッド
  • リール   セージクリック3100
  • ライン   1番
  • リーダー  オールパーパス7.5ft5x
  • ティペット シガーエース0.6号 半ヒロ
  • 上流部なのでクマスプレーの安全装置を解除する
  • ニューロッドの性能をテストする
  • 時期的にイワナのアラ喰いがあるので、瀬も攻める
  • 午前中は上流部でイワナを狙い、午後は下流でヤマメを狙う

12番スズメバチカディス

 

その1匹をどう釣ったか?

らんちぼっくす
らんちぼっくす

午後からロッドをセージTXL0番に変更

それに伴って、下記の変更をしている

リーダー    オールパーパス9ft5x

ティペット   シガーエース0.6号ヒトヒロ

・・・・・・・・・・・・・

ニューロッド・・・・・すいません

釣行プラン通りに下流に移動して、ヤマメを狙う。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ヤマメのペアリングが色々なポイントで見られる

御盛んな奴らを狙うほど、野暮ではない

横目で覗きながら、完全スルー

15時過ぎ、そろそろ退渓を考えなくては・・・・っと思った頃のポイント。

相変らず虫が出てない・・・・・。

サカナはどこに潜んでいるか?

ざっと見て、①〜④のいずれかに潜んでいる。

順番にフライを流していく

らんちぼっくす
らんちぼっくす

障害物がない

バックスペースが充分にある

ポイントとの距離は、10m位

①ポイント

①の岩の流心側Aにサカナが定位している可能性がある。

①の岩の付近は、流れが緩いのでドラックを考える必要はない。

直接Aにフライを打ち込んでいく・・・・

あまり流心に近い場所にフライを打ち込むと、②のサカナを動かす原因となり、①②のサカナの警戒心をアップさせてしまう。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ヤマメ・イワナのアラ喰い時期

思い切って流心を流してもいいかもしれない

今回はうまくAの上流に打ち込むことができたが・・・・出なかった。

②ポイント

立ち位置をやや上流に変えて、Bにフライを投げ込む。

この時、注意すべきは下記の通り。

  • ①の石の上流側にラインを置くこと
  • 充分にスラックを入れること
らんちぼっくす
らんちぼっくす

スラック・・・・

主にティペットに弛みを持たせること

出ない・・・。

③ポイント

ここが①〜④の中でもっとも有望と見られるポイント。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

反転流があるし、水深もある・・・・・

ちょっと沈み石が少ないのが難点

Cにフライを投げ込んで、流心を流す

次に、Dに投げ込んで反転流を漂わす。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

③と立ち位置との距離が10m以上あるので、

多少の誤差は・・・・諦める

それぞれ2回づつ行ったが、出なかった。

④ポイント

流れ出しの直後のポイント④

ここは、シンプルにEに投げ込んで、ドラックがかかるまで流す。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

サカナが水面を意識しているなら、Eで飛び出す

サカナにやる気があるなら、白泡から追ってきて、Fで咥える

流れが他のポイントより急であるので、フロータントを再度行う。

Eにフライを投げ込んだ!

見た目より流れが速い・・・・

それ以上の速さで白泡の中から黒いものが・・・・・F辺りで飛びついた!

イワナだった。

 

どんなポイントで、どんなサカナを釣ったか?

らんちぼっくす
らんちぼっくす

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

左側の写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記

セージTXLの修理部品がなくなったようで、トップを折った場合修理不能・代替品になるようだ。

非常事態だ!

セージTXL0番に代わるロッドをセージが出してくれれば問題ないのだが、今のラインナップでは・・・・。

7ft0番。

アマゾンで以前オイカワ用?の7ft0-1番ロッドを発見・購入したが、スロー過ぎて話にならなかった。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

今回のロッドは、どうか?

仕上がりはいい感じ。

ビルダーさんのセンスの良さを感じられる。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ガチに使い倒す僕にとってロッドは、単なる道具

要求する?期待する?性能がなければ・・・・・使わない!

このロッドはどうか?

らんちぼっくす
らんちぼっくす

結論、使用不可!

今日の釣行では、2回尺イワナをかけている。

いずれの場合もイワナの動きを制止できなかった。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

放流魚と違って、通年放流なしのこの管理釣り場

ここの尺イワナのファイトは、ハンパない

倒木などの障害物は当たり前・・・・

そんな場所をイワナは好み

そんな場所で尺イワナをかける

そして、その動きを制止できないとラインブレイク・・・・

らんちぼっくす
らんちぼっくす

もちろん、バーブレスフックを使用している

ラインブレイク時のイワナや自然環境に与える悪影響は大きい

以上の理由から、このロッドは残念ながらヤフオクかメルカリだ。

ミドルアクション・7ft・0番。

さらに、バックスペースに余裕があれば、12番フライを15m飛ばせる・・・・

そんなロッドを出現を期待している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました