釣果19匹(ヤマメ18イワナ1)某管理釣り場2021.12.9

某管理釣り場

2021.12.9 GO TO 某管理釣り場。

釣果19匹(ヤマメ18イワナ1)

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①2021.12.9の状況と釣行プラン

②2021.12.9のサカナの活性

③この1匹をどう釣ったか?

④どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑤14番CDCカゲロウとは?

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

 

状況

某管理釣り場駐車場

10時到着。

また1台もない・・・・

今日も入渓者は僕一人のようだ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

もっともジムニー等で入渓した方もいるかもしれないが・・・・

枯葉上にタイヤ痕がない

入渓者は、僕一人・・・・確定?

車載温度計6℃

2021.11.29釣行が気温0℃だったので、かなりあったかい!

しかも、無風

天気も雲で時折日差しが遮られるものの、晴れといっていいだろう。

近くの野晒しにされているドラム缶の蓋に溜まった雨水も凍っていない。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

氷がないと、生命感あるような・・・・

ここまで来る林道には水溜まりが無数にあった。

相当な雨が降ったようだ・・・・・

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

増水による低水温が心配だ!

電動アシストMTB(e-MTB)

未舗装路。

12月でも釣りバカ、渓流バカは管理釣り場に通う。

ジムニーにでも乗っているのだろう。

所々足首を越える水溜まりがあるので、急ぎつつも慎重な登坂。

周囲に獣の気配の有無を確認しながら、電動アシストMTBを走らせる。

途中いつもの場所で水位を確認する。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

増水だ!

当然ですが・・・・

雨上がりの高気温・・・・無風・・・・・いつもなら虫が出ているシュツエーション。

だが、今朝は全く虫がいない。

どうやら本格的に冬が到来したようだ。

入渓

10時20分L2区間入渓

ロッドにリールをセットすることなく、水流に手を入れる・・・・・

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

冷たくない!

この時期にしては・・・・・だが

電動アシストMTBで確認した感じでは、もっと増水状況か?と思ったが、実際に入渓してみると若干の増水って感じ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

これで、虫が出てくれれば・・・・・パラダイス・・・・・だが

日差しが差し込んでくる中で、枯葉、木々、石、岩・・・・・何もかも濡れて、色彩が鮮明だ!

しかも、無風。

高活性が期待出そう!

状況確認と釣行プラン

2021.12.9状況

  • 天気     晴れ
  • 気温     6℃(10:00時点駐車場)
  • 風      無風
  • 水温     肌感覚5℃(10:30時点入渓点)
  • 水位     若干の増水
  • ミッジを含めて虫は、皆無
  • 氷点下になっていない
  • 水際の落ち葉が濡れていて、滑りやすい
  • 他に入渓者がいない様子

この状況の基づいて、2021.12.9釣行プランを選択した。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

2021.12.9釣行プラン

  • ロッド    セージTXL7ft0番
  • リール    セージクリック3100
  • 高活性の予想
  • 前日の降雨によりクマが日中から活発に行動する可能性を考慮して、クマスプレーの安全装置を解除する



14番CDCカゲロウ

14番CDCカゲロウの詳細は、こちら

 

この1匹をどう釣ったか?

ここまでのサカナの反応

10時20分入渓後、1投目から反応があった。

実は釣り支度をしている最中に、同じ場所で3回ライズがあった。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ちょっとスプラッシュ気味のライズだったので、15センチ位のヤマメ・・・・・

これを狙っての1投目。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

見事に出た・・・・・が、すっぽ抜け

その後、10m程前進。

フロータント処理をして、何気なく速い流れの弛みで、フライの水上での姿勢をチェックしていると、出た!

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

呆気ない・・・・

高活性だ!間違いない!

ポイントの解説

2021.11.17釣行ポイント④で大型ヤマメをフックアウト・・・・・。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

リベンジだ!

まずは、リベンジの準備から始める。

ポイント①②③からサカナが走れた場合、リベンジ前にポイントが潰れる。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ポイント①②③は、その水深から大きくても20センチ程度・・・・・っと予想

一気に引き抜いて、ポイント④のサカナに悟られない

それからが勝負となる。

ポイント①

慎重に接近し、目視にてサカナが不在であることを確認した。

できれば、フライを投げるのは最小限にして、ポイント全体をナチュラルしておきたい。

ポイント②

沈み石の前の窪みにヤマメが定位していることを予想している。

沈み石の上流50センチにフライを投げる。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

スラックは充分に入れることは必需!

ゆっくりと流れて・・・・・ピシャ!

すっぽ抜け・・・・・。

物凄い勢いでチビヤマメが白泡の中に消えた・・・・・。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

マズイ!

これで、終わったか・・・・・

ポイント③

チビヤマメの逃亡から5分ほど休憩。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

この5分間・・・・・長い

いろんなことを考えるし・・・・

マイナス思考と戦うって感じかな?

インターバルをとったものの、サカナの警戒心がリセットされたわけではない。

ここは、1投で釣り上げたい・・・・。

そんな焦りもあってか?

フライを後ろの木に引っ掛けた。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

深呼吸・・・・・

サカナの視界に入らぬよう・・・・慎重に・・・・ゆっくり・・・・・回収完了。

再度ポイント③に挑む。

フライを投げて、着水・・・・1・・・・2・・・・3・・・・4・・・・出た!

ゆっくりとフライを咥えるヤマメ・・・・・

アワセというより引き抜いた。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ネットイン!

20センチ位・・・・・大物の出方だったが・・・・・

将来の尺ヤマメだな!?

っと想いながら、リリース

ポイント④

リベンジへのハードルを一つクリア。

次のハードルは、立ち位置の変更。

現在Aの位置にいる。ここで、ポイント②③を釣った。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

現在の立ち位置A・ティペットの長さでは、ポイント④付近でナチュラルドリフトできない

倒木があるためだ

ティペットの長さはそのままにポイントとの距離を詰める

立ち位置Bでポイント④を攻めたい

ゆっくり、ゆっくり・・・・・

静かに、静かに・・・・

なんとかAからBに移動を完了させた。

その間、ポイント④付近に乱れた波が発生していないことから逃亡はされていない・・・・・っと信じる。

少し時間をおいてから、倒木を避けるため、サイドキャスト・・・・・

充分にスラックが入っているとは言えないが・・・・Fに着水。

ゆっくりと流れていく・・・・・

メインディング・・・・・

ゆらゆら・・・・・・とポイント④からヤマメがフライに近づく。

横からゆっくりと水面にヤマメの顔が出て・・・・・喰った!

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

大量のスラック・・・・・大アワセ

ヤマメが潜る・・・・・岩の隙間

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ラインを必死にたぐって、回避。

表層でグルングルン・・・・ヤマメ特有のローリング

ネットイン!

充分なスラックが入っていたせいか?フライを飲み込まれてしまった。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

前回フックアウトした奴・・・・・?

そう言うことにしよう

逃したサカナは大きい・・・・っと釣り人は言うから

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました