1箇所の深場ポイントで8匹!メタボなヤマメ・イワナ!某管理釣り場2021

某管理釣り場

2021.12.2 GO TO 某管理釣り場。

釣果17匹(ヤマメ14イワナ3)。

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①2021.12.2状況と釣行プラン

②サカナの活性状況

③この8匹をどう釣ったか?

④どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑤サカナの活性を下げる要因って、なんだろう?

 

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

状況

某管理釣り場駐車場

早朝からトラブル発生・・・・でも、なんとか釣りに!

なんとしても釣りに行くんだ!?

っという意味不明な決意で、なんとかトラブルを解決!

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

1時間遅刻だ!

駐車場に10時過ぎに到着。

気温4℃。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

前回来た時は、気温0℃・・・・

なんかビミョーな気温だ

いい天気なんだけど、強風が吹き荒れているので、寒い!

虫なんていない!

入渓点

入渓点に急ぐ。

電動アシストMTBで走りながら、河川の水位をみる・・・・若干の増水かな?

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

若干の増水!?

これまたビミョー・・・・・

10:30入渓点到着

昨日の雨で水温低下がないことを期待・・・・・っと思いながら、水流に手を入れてみる。

かなり冷たい・・・。

冬支度を開始しているヤマメ・イワナを狙うので、深場に的を絞りまくるものの、今日の釣行予定区間は深場が少ない。

強風が・・・・

チャラ瀬の風景が・・・・・

バキバキ・・・・心が折れる。

 

「魚影は濃い!魚影は濃い!」っと念じる。

プラス思考って、釣りには大切だ!

状況確認

2021.12.2状況

  • 天気     晴れ
  • 気温     4℃(10:15時点駐車場)
  • 風      強風
  • 水温     肌感覚1℃(11:00時点入渓点)
  • 水位     若干の増水
  • ヤマメ・イワナは深場のポイントに移動していると予想できる
  • ミッジを含めて虫は、皆無
  • 今日の釣行予定区間は、深場のポイントが少ない

2021.12.2の状況に基づいて、釣行プランを選択した。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

2021.12.2釣行プラン

  • ロッド    セージTXL7ft0番
  • リール    セージクリック3100
  • 深場ポイントのみを釣り上がって行く、浅場はガン無視
  • 深場ポイントから数匹のサカナを引き出す、ゆえにサカナは極力ファイトさせない

14番CDCカゲロウの詳細は、こちら

14番CDCカゲロウを入手したい方は、こちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TIEMCO / ティムコ スタンダードリーダー
価格:286円(税込、送料無料) (2021/12/4時点)



 

この8匹をどう釣ったか?

ここまでのサカナの活性状況

案の定、ヒザ下の水深では反応がない。

昼頃になって、だんだんと風が弱くなってきたと同時に反応が増え始めた。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

大場所のみを釣ることにして、小場所はガン無視!

フライは、14番CDCカゲロウ

反応はあるのだが、フッキングしない・・・・・そんな状況が続く。

フッキングミスは毎度ことだが、寒い中で釣っていると余計に精神的ダメージが大きい・・・・。

ポイント解説

L1区間でも最も大きいポイントのひとつである。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

①②付近で50〜70センチ水深

③〜⑧で1m水深位

いずれのポイントも岩盤と砂地が入り混じっている

結論から言うと、ここで約1時間釣った・・・・釣果は8匹。

フライは、14番CDCカゲロウだ。

ポイントの写真を見れば一目瞭然・・・・・緩い流れ。

無風の時間が長くなり、水面に波一つ立たない・・・・。

ポイント到着後、リーダーを新品に交換しつつ、水面を確認するが、ライズはない・・・・。

25センチ超イワナとチビヤマメ対策

禁漁に入って、もう2ヶ月以上・・・・・ヤマメ・イワナのプレッシャーの低くなった。

しかも、この寒さ・・・・・高速のICから遠い釣り場・・・・・来る釣り人はよっぽどの奇人変人!?

そんな状況なんで、大きめのプールでは25センチ以上のイワナが釣れることも珍しくない。

こんなのを1投目でフッキングさせてしまうと・・・・終了。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

まぁ〜〜〜、釣れないより釣れた方がいいのだが・・・・

こんな大場所で25センチのイワナ1匹、終了・・・・ってのは、ちと寂しい

手前に定位しているであろうチビから1匹ずつ釣っていく。

もちろん、これらチビは、ゴボウ抜き・・・・・。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

最後に、25センチ超イワナ・・・・ってのが、サイコー!

・・・・・なんだが

釣る順番

イワナは左岸(右側)の岸壁付近か・・・・・

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

中央→右岸(左側)→左岸(右側)を1セット

2セット終了でフライを落とす位置を少し上流にしていく

膝立ち姿勢・・・・・魚眼の視野を考えて・・・・・低い姿勢ってのは渓流釣りの基本中の基本!?

フライを投げる時間的間隔にも注意を払う。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

中央付近に1投してピックアップ・・・・・

1分間インターバル・・・・・

右岸(左側)に1投してピックアップ・・・・・・

1分間インターバル・・・・・

って感じです

5匹以降についてはサカナの出方から判断して、2分間インターバルにしている。

フライアクション

フライは、14番CDCカゲロウ

5匹目以降については、水深1m以上・・・・・フライをナチュラルドリフトさせるだけでは反応してくれなかった。

フライにアクションをつけて、カゲロウが水面でもがく演出をする。

っといっても、ティペットをチョイチョイ短く引くだけだが・・・・・。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

カゲロウが水面でもがく演出・・・・・

ティペットが水面上に浮いていることが重要!

ラインクリーナーをティペットに薄く塗っておく

・・・・これ、最重要!

カゲロウが水面でもがく演出をして釣れたのは、⑤⑥⑧。


実釣

2021.12.2釣行プラン通り、深場のポイントから複数のヤマメ・イワナを釣り上げることができた!

釣れた殆どのヤマメ・イワナは、メタボ体型・・・・・。

越冬に備えて、脂肪貯蓄?

健康診断のない・・・・・血液検査のない・・・・・「医者のもっと体重を減らしましょう」との一言がない彼らが羨ましい。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

べ放題?

羨ましい・・・・・

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記(サカナの活性を下げる要因って、なんだろう?)

段々とサカナの活性が上がる時刻が遅くなって来た。

10月頃は、10時

11月中旬以降は、11時〜12時

12月に入ってからは、13時

いずれの時期も活性が下がるのは、15時・・・・・。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

活性が上がる要因は、水温である

例外的に

サカナがある特定の虫を選んで喰っている状況では、虫

では、活性を下げる要因は?

水温・・・・気温・・・・虫・・・・・

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

明るさである

あくまでも、私的見解ですが・・・・

釣れたヤマメ・イワナを写真に撮っている方も多いと思う。

特に、キャッチ&リリース派の釣り人ならなおさらだ。

この時の明るさを確認してほしい。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

あるルーメンを下回ると、極端に釣果が落ちている

釣れたサカナを綺麗に撮っている方では、わからないかもしれないが・・・・・。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

釣れたサカナと共にポイントの写真を撮っている方なら、もう気づいているかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました