12番ドライフライで好反応!!気温4℃以下でも参戦価値あり!シャロムの森2021

シャロムの森釣行

2021.11.15 GO TO シャロムの森。

釣果25匹。ヤマメ22イワナ3。

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①どんな状況で、どんな釣行プランを選択したか?

②気温4℃でも12番スズメバチカディスを選択する理由

③この1匹をどのように釣ったか?

④どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑤渡良瀬川水系のクマは、冬眠するか?

 

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

 

状況

駐車場到着9時半。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

4℃!?

さむ!

料金を支払うため、車外に出た感想だ。

2021.11.11釣行では、9℃(測定条件はほぼ同じ)だったのが・・・・・

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

そろそろスタッドタイヤの装着・・・・

と思いながら、身支度開始。

駐車場は日向・・・・これで4℃。

それでも、ミッジが時折飛んでいる。

ミッジ

コカゲロウ・・・・・・も!?

しかも、数匹!?

コカゲロウ

電動アシストMTBで出発!

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

シャロムの森で釣りができるのも、あと1ヶ月・・・・かな?

水位を確認しつつ、虫の出具合を探りながら、電動アシストMTBで走る。

この数日間、晴天だった。

放射冷却と季節の進行でこの寒さ・・・・・

しかし、路面や日陰の落ち葉に霜が降りていない。

もちろん、落ち葉は濡れているのだが・・・・・

シャロムの森は寒いっていっても、氷点下にはなっていないのだ。

水位

今日は前回より減水している。

これをみれば、一目瞭然!

このくらいの水位が平水って感じだ。

一番釣りやすい水量かもしれない。

入渓点到着

川に下りて、釣りの準備。

日陰のなので、ミッジすらいない。

水流に手を入れて、水温を体感する・・・・

冷たい・・・・・が、気温を考えるとそれほどではない。

肌感覚7℃?6℃?

岩や石の周りを確認して、氷結の有無を確認する。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

結氷していない・・・・水際でも氷点下になっていない

これは、ひょっとしたら午後水温の上昇とともにミッジ等の超小型水生昆虫のハッチがあるかもしれない。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

カワガラスが水面付近を飛ぶようになったら、虫が出てきた証拠

フライの選択に迷う・・・・・

駐車場で数匹のコカゲロウを見ている・・・・・

普通ならとりあえず、スズメバチカディスなんだが、この数匹のコカゲロウが・・・・・

状況確認

状況

  • 天気     晴れ
  • 気温     4℃(9:30時点駐車場)
  • 風      無風
  • 水温     肌感覚6℃(10:00時点入渓点)
  • 水位     平水
  • 氷点下になっていない
  • ミッジを含めて虫は皆無。しかし、午後にハッチの可能性あり。
  • 駐車場でコカゲロウを数匹確認している
  • 水際の落ち葉が濡れていて、滑りやすい

この状況に基づいて、下記の釣行プランを選択した。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

2021.11.15釣行プラン

  • ロッド    セージTXL7ft0番
  • リール    セージクリック3100
  • リーダー   モーリス オールパーパス9ft5x
  • 氷点下になっていないが、落ち葉は濡れているので、滑りやすいので注意!
  • 晴天・無風から午後にハッチの可能性あり。カワガラスの出現でその有無を判断する
  • 12番スズメバチカディスを選択。反応が悪いようならカゲロウ系に変更する

スズメバチカディスの詳細は、こちら

12番スズメバチカディス

メルカリに出品してみました!12番スズメバチカディス



この1匹をどのように釣ったか?

これまでの状況

虫は空中・地上とも全く見られない。

日向で飛んでいたコカゲロウ?にする・・・・

いやいや、ここはスズメバチカディスでしょ!?

スズメバチは氷点下になるまで活動しているのを、僕は確認している。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

学術的には、気温0℃付近でスズメバチの活動・・・・あり得ない!

昆虫も含めて、あらゆる動植物は地域性がある

活動可能範囲も地域性があると僕は考えている

この渡良瀬川水系では針葉樹が多く、餌が少ない

女王蜂の越冬のために、氷点下付近でも活動する働きバチが存在する

これは、自然なことではないだろうか?

ヤマメ・イワナも冬支度で食欲マックスのはず・・・・・っとすれば、精力剤成分が入っているスズメバチはご馳走だ!

ゆえに、12番スズメバチカディスを選択した。

この低気温・低水温・・・・これを考慮して

少しでも水深があり、流れがゆっくりな場所を中心にフライを流していく。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

案の定、ポイントごとに必ず反応がある

流れがゆっくりなので、ヤマメもよくフライを見ている。

Uターン、フレンチキッス・・・・フッキングしても掛かりが浅く、フックアウト。

魚影の濃さとヤマメの食欲に助けられ、なんとか釣っているという状況

ポイント解説

ポイントは無数に考えられるかもしれないが、これまで釣り上がってきた印象で写真の①〜④にポイントを絞った。

ポイント①③は、ヤマメ。

ポイント②は、イワナ。

ポイント④は、ヤマメとイワナのどちらか。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

ポイント①〜④のうち、

どこか1箇所でも反応があれば、

他のポイントにはヤマメ・イワナはいない

これは、餌の供給量から2匹生息するには困難であると思ったからだ。

ポイント①

充分にスラックを入れて、フライを投げるものの、無反応・・・・。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

スラック・・・・

主にティペットに弛みを持たせること

このとき、ラインを素早く回収して、ラインが下段に落ちるのを防ぐ。

ポイント②

ポイント②③は非常に接近しているので、ポイント③のヤマメが出る可能性もある。

びっくりアワセにならないためにも、これを予想しておくことは重要だ!

ポイント②は、全くと言っていいほど流れがない

直接フライを打ち込むと、イワナを驚かせてしまう。

フライを岩の側面に当てて落とす。

これで自然落下に見える・・・・・かもしれない。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

ポイント①の立ち位置から対岸に移動する

ゆっくりと静かに移動

3分間はフライを投げない

魚を落ち着かせるためだ

しかし、出ない・・・・・

ポイント③

抉れている部分にヤマメが潜んでいる可能性が高い。

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

ポイント②で出なかった

ヤマメは左側を向いて定位していると推定

フライは流心付近を流す。

ゆっくりと流れ・・・・・流れ・・・・・

・・・・・

出た!

写真にある反応予想地点で、バッチリ!

ポイント④

ポイント③でヤマメを釣り上げたので、ポイント④は出ない・・・・かと思ったら、チビヤマメの反応あり!

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

シャロムの森は、豊かな場所だ!

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

西洋毛ばり人
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

14:10

後記

神奈川の某管理釣り場の前オーナーが言っていた。

神奈川県某管理釣り場の前オーナー
神奈川県某管理釣り場の前オーナー

丹沢のクマは冬眠しない・・・・

冬眠するほど寒くならないから

シャロムの森付近にもクマは生息しているだろう。

林道を下る最中、ふと思った・・・・ここらのクマは冬眠するだろうか?と。

シャロムの森のオーナーは、言っている。

シャロムの森のオーナー
シャロムの森のオーナー

シャロムの森は、雪が降るまで営業するよ!

その雪は降り積もるのだろうか?

クマが冬眠するほど、積もるのか?

地球温暖化が一般常識となりつつある現在で・・・・・

クマが冬眠するのは、冬に生命維持・活動維持するエネルギーを摂取できないためだ。

っとすれば、冬に生命維持・活動維持できるエネルギーが摂取できるなら・・・・・

しかも、効率的に・・・・・

そんなエネルギー源は、存在するか?

・・・・・・・

シカだ!

シカをクマが食っているなら、冬眠する必要はない。

肉は生命維持のための全ての栄養素が含まれている。

もともとクマは肉食性・・・・っとすると、原点回帰、クマが肉食に帰る日がくるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました