イワナ

フライフィッシング釣果実績・e-bike(電動アシストMTB)

釣果482匹!3月1日解禁9月20日禁漁2023。ドライフライのみ。

釣果482匹(ヤマメ286イワナ159ニジマス37)。釣行28回。2023年は昨年より釣行回数が激減し、当然ながら釣果も激減。釣果率は若干上昇したが・・・・。果たして上達したのか?いや、上達しているのか?という内容でした。
赤久縄釣行

【釣果15匹ヤマメ11イワナ2ニジマス2】赤久縄2023.11.29

強風で水面に枯葉がひっきりなしに流れている。冬の風物詩・・・枯葉との戦いだ!ポイント下流に堆積している枯葉の下にイワナが潜んでいるが、枯葉ギリギリまで流し込んでも反応がない。瀬にサカナは少なく、川底にイワナばかりかヤマメも沈んでいる状況。
赤久縄釣行

【釣果37匹ヤマメ13イワナ16ニジマス8】赤久縄2023.11.15

ヤマメは、スネ水深からヒザ水深の流れの中で元気にフライに反応してくれる。特に、若干減水しているせいか?ヒザ水深での反応が特にいい。イワナは、足首水深からスネ水深での反応がいい。緩い流れ+沈み石や岩の際から反応がある。特に、岩の際からの反応がいい。
赤久縄釣行

【釣果51匹ヤマメ23イワナ18ニジマス10】赤久縄2023.10.25

入渓直後上流自然渓流エリア2の橋付近でイワナをかけるものの3連続フックアウト、これで自制心スイッチがオフに・・・12番スズメバチカディスも在庫切れになるかと思うほど釣りまくってしまった。テーマは1匹ずつ狙ったイワナを丁寧に釣るだったのに(笑)。
赤久縄釣行

【釣果29匹ヤマメ14イワナ12ニジマス3】赤久縄2023.10.11

上流自然渓流エリア1でイワナを狙う。先行者は追い抜きのルアーマンを入れて2名?放流直後のようでサカナに落ち着きがない。ヤマメなら12番スズメバチカディスでOKだが、イワナは・・・。14番アントパラシュートと14番CDCを水面の状況で使い分け、釣果を得た。
赤久縄釣行

【釣果30匹ヤマメ17イワナ5ニジマス8】赤久縄2023.9.27

久々の赤久縄釣行だ!先行者3名(フライマン1ルアーマン2)の状況だが、高反応!意識的にニジマスを釣らないようにして、ヤマメとイワナを釣っていく。ヤマメは水面付近で確認できないが、高反応!イワナは砂地に多数目視できるが、反応はイマイチ・・・。
シャロムの森釣行

【釣果20匹ヤマメ19イワナ1】シャロムの森2023.9.14

チャラ瀬からチビヤマメの猛攻!意識的にアワセを入れないが、反射的に入ったアワセでチビヤマメが飛んでいく。大きめのヤマメは大場所の流芯の白泡の下に潜んでいるらしく、流芯下流の白泡の切れ目や脇から反応がある。ラインの弛みのコントロールがイマイチで、アワセが決まらない。 、
シャロムの森釣行

【釣果19匹ヤマメ5イワナ14】シャロムの森2023.9.13

岩盤が多い区間を釣り上がる。度重なる大雨で岩盤の窪みには小石が堆積し、イワナが潜んでいない。時々現れるプールと浅い瀬が主なポイント。シーズン終盤なので、少し大きなイワナが釣りたい。12番スズメバチカディスで流芯脇や反転流を狙う。流芯からもイワナが出るが、チビばかり・・・意識的に避ける。
シャロムの森釣行

【釣果5匹ヤマメ2イワナ3】シャロムの森2023.8.24

反応が全くない。流れを歩いても、逃げるサカナがいない。イワナ優勢区間なので、深場の川底ベッタリ?それなら、ドライに反応させるのは難しい。なんとか釣り上げたサカナの出方、周囲のポイントから今日の傾向を探り出す。流芯下流のさらに下流に潜んでいる?
シャロムの森釣行

【釣果14匹ヤマメ13イワナ1】シャロムの森2023.8.23

曇り予報だが、土砂降りを含む小雨。まずまずの活性だが、強い雨でクレーターができる水面・・・・。先行者の形跡はないのだが、数日前に入渓者がいるようだ。素直な反応だが、流芯下流にサカナが潜んでいるようで、魚影を確認できることは少ない。
タイトルとURLをコピーしました