今季最終戦!ゲット!釣り人目線の尺ヤマメ!渡良瀬川支流2021

渡良瀬川支流釣行

021.9.15 GO TO 渡良瀬川支流。

釣果15匹。ヤマメ5イワナ10。

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①どんなポイントで、どんな魚が釣れたか?

上流域において状況観察からどのように釣行プランを考えたか?

下流域において状況観察からどのように釣行プランを考えたか?

④釣り人目線の尺ヤマメをどのように釣ったか?

 

らんちぼっくす
らんちぼっくす

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜6月末までに395匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちら

 

どんなポイントで、どんな魚が釣れたか?

*ドライフライに出た場所は、いずれの写真も中央付近です。

状況

駐車場

9時半にクルマ止めに到着。

車外に出ると、気持ちいい。

湿度が低く、ひんやりとした空気。

ここは、秋なのだ!

紅葉こそないけれど、秋だ。

森の門番のスズメバチが挨拶に来た。

森の番人 スズメバチ

1匹・・・・。

この夏は雨が降り続く日が多く、スズメバチも少ないかもしれない。

これは、安全面ではいいことだが、釣果的にはマイナスだ。

トンボが数匹飛んでいる。

トンボ

アブは1匹もいない・・・・。

アブ

電動アシストMTB

電動アシストMTBで川沿いの道を登る。

ちなみに、僕の愛車?はパナソニック製XM2

水量は平水だ。

9月初めの雨でかなり水量が上がったようだ。

流木が両岸の高い位置に打ち上げられている。

上流に行くに従って、流木が多くなっているような印象。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

小規模の土砂崩れ?土石流?が上流であったかもしれない。

入渓点

今日はシーズン最後の渡良瀬川支流釣行。

最上流域まで釣り上がりたい。

っといっても前回の退渓点からの入渓で十分にそこまで行けると予想。

TXL0番を選択する。

このロッドはよく曲がるので、好きだ。

ロッドを繋げながら、周囲を観察する。

足元には生命体はいない。

脚の長いクモ?も見当たらない

クモ

アリもいない

アリ

蛾もミッジもいない

森の番人のスズメバチも寄ってこない

スズメバチ

風もない

今日の山には、生命感がない

気温は肌感覚15℃くらい?

水温は肌感覚12℃くらい?

赤外線温度計

幹に傷がある・・・木の皮が剥がされている・・・これが唯一の生命感だ。

古いもの、新しいもの・・・・

足跡も色々と・・・小さくて二つの割れているもの、手のひらサイズで丸っこいもの

この生命感は歓迎したくないのだが・・・・。

状況確認と今日の釣行プラン

気温 肌感覚15℃

水温 肌感覚12℃

水量 平水?やや減水

風  無風

・昆虫等は見当たらない

・スズメバチすら寄ってこない

・シカ、クマの爪研ぎ跡が無数にある。

上記より釣行プランを決めた。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

今日の釣行プラン

フライ   12番スズメバチカディス

ロッド   セージTXL0番

リール   セージクリック3100

ライン   1番

リーダー  モーリス オールパーパス7.5ft5x

ティペット 0.6号ヒトヒロ

・昆虫の生命感がないので、この時期の定番フライ(スズメバチカディス)を選択

・対象魚はイワナなので、アワセはゆっくり

・数日入渓者はいないようなので、イワナがごく浅い場所に出ている可能性がある

・獣の生命感はかなりあるので、周囲の状況や音に注意

・熊鈴は意図的に鳴らす

・時期的にヤマメのペアリングがあるかもしれない。

 

12番スズメバチカディス

 

この1匹をどう釣ったか?

16:09に釣り人目線の尺ヤマメを釣った状況を解説する。

状況

最上流域から下流に移動し、ヤマメを狙った。

この時期のヤマメは、早い年ならペアリングが始まる頃だ。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

もしペアリングに入っていると、大型ヤマメは諦めるしかない。

もしペアリングに入る直前なら、アラ喰いしている可能性が高く、大型ヤマメのチャンスだ!

最上流域はイワナしか生息していないので、ヤマメの今日の情報は皆無・・・・。

15時からの実釣で情報収集していく。

周囲の状況、水温、虫の状況、ヤマメの様子からペアリングは始まっていない。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

9月初めの大雨による水温低下、

増水による体力消耗

ペアリングの開始が遅れているようだ

一方で、下流には釣り人の足跡が多い・・・・高プレッシャーか?。

気配を消していれば、ヤマメは積極的に餌を捕捉している様子。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

気のコントロールができる?

気をゼロにできる?

ドラゴンボールの孫悟空が羨ましい・・・・

このような状況から下流域での釣行プランを決定した。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

下流域での釣行プラン

フライ    12番スズメバチカディス

ロッド    セージTXL0番(7ft)

リール    セージクリック3100

ライン    1番

リーダー   モーリス オールパーパス9ft5x

ティペット  0.6号ヒトヒロ

・対象魚は、ヤマメ

・ストーキングが全ての状況。姿勢を低く、ゆっくりと。

・時間的に大物が欲しいので、小場所はスルー。

・獣臭が時々するので、周囲の音には警戒すること。

リーダーとティペットの長さが上流域とは異なる。

それだけ頭上にスペースがあるのだ。

予想定位

ヤマメ・イワナが定位している場所を写真のように予測した。

釣り人の足跡からイワナが写真のエリアにいる確率はかなり低いと思う。

しかし、万が一定位している場合、走られて即終了・・・・。

退渓時間的にもシーズン的にも最後のポイントであろうから、一応フライを置いてみる。

ヤマメはアラ喰い状況・・・・どこから出てもおかしくない。

ヤマメが潜んでいるのは、流れ①②の表層か写真のヤマメエリアの水底付近だろう。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

いずれにしても、写真のヤマメエリアにフライを置けばなんとかなりそうだ

実釣

イワナエリアにフライを投げる

最初にA、次にB。

反応なし

Bにおいては、流れ②付近からヤマメが追ってくることもなかった。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

おそらくイワナは居ない・・・・いや、出ない!

ターゲットをヤマメに絞る。

ヤマメエリアにフライを長時間置けば、釣れそうだが・・・・流れ②がドラッグを発生させそうだ。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ドラック・・・・

ラインが流れに引っ張られ、その影響でフライが不自然に流れること

Cにフライを投げる。

充分にスラッグを入れたティペットは長時間フライをCに滞留させる・・・・

らんちぼっくす
らんちぼっくす

スラッグ・・・・

主にティペットに弛みを持たせること

メインディング・・・・さらに、フライをC付近に滞留。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

メインディング・・・・

ロッドを煽って、フライラインを上流側に置き直すこと

そろそろ限界・・・・ドラックが・・・・で、ピックアップ。

この瞬間ちらっと大型ヤマメの姿が見えた。

この大型ヤマメはどこに行ったか?

餌を食い損ねて逃げた場合、経験上下流に逃げることが多い。

下流はチャラ瀬状態なので、大型ヤマメが身を隠せる場所が下流にはない。

っということは、上流に逃げた。

そして、水底付近に潜んだ・・・・

らんちぼっくす
らんちぼっくす

アラ喰いモードの大型ヤマメ・・・・・

そんなに長く水底に潜んでいるとも思えない

ここは気配を消して、じっくりと水面を観察する。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ど〜〜〜ん!

ライズでもあるといいのだが・・・・

退渓時間から逆算して、観察するのは5分間と決めた。

・・・・・

この時間は、やたら周囲の音に敏感になる。

シカの鳴き声や足音、鳥の声・・・・さらには、ヘビが這う音。

匂いにも敏感になる。

下流に移動してから臭い匂いが時々・・・・

らんちぼっくす
らんちぼっくす

チン!

5分経過・・・・

勝負をかけるポイントを選択する

この5分間で大型ヤマメが水底から流れの表層に移動していないと勝負にならない。

っということは、Dにフライをぶち込んで

ドカ〜〜〜ン!

っと出ないと釣れない。

フォルキャスト1回でシュート!

D付近にフライが着水・・・・・

らんちぼっくす
らんちぼっくす

あれ?消えた?

っと思った瞬間、ヤマメの尾が見えた!

すかさずアワセを入れる。

ズン!

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ずっしり!

重い!

ヤマメは水底に逃げようとするのを必死に抑える。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ネットイン!

ミッションコンプリート!

 

後記

2021.8.30渡良瀬川支流釣行でも川の流れの中に不自然に棒が刺してあったが、今回の釣行でもそれはあった!

かなり古いもののようで、今回イワナの反応には関係ないようだった。

今回は、前回と比較して極端にその数が少ない・・・・

もちろん9月初旬の大雨で大半は流されているのだろう・・・・か?

ずいぶんと魚影が薄いとの印象だったからだ。

もちろん、濁流?にイワナが流されたってことも考えられる。

僕は、完全リリース派。

お持ち帰り派の気持ちもわかるが、ほどほどにしてほしい。

この河川のヤマメ・イワナは、天然魚である。

一人でも乱獲者がいると、絶える。

来年と言わず、次世代の釣り人のために完全リリースを期待する!

コメント

タイトルとURLをコピーしました