強風対策でバッチリ釣果!粉雪も・・・・楽しい!? うらたんざわ渓流釣場2022

うらたんざわ渓流釣り場釣行

2022.1.13 GO TO うらたんざわ渓流釣場。
釣果37匹(ヤマメ1ニジマス36)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①2022.1.13の状況

②2022.1.13ラインシステムとフライ(26番CDC)

③僕の強風対策とは?

④どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑤後記(ループの先端を水面に突っ込ませ、アンカーを作るとは?)

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

 

状況

2022.1.14状況

連チャンでうらたん!
昨日は散々な内容だったので、リベンジ!?
ってわけではないが、たまたま正月の代休と重なって、2連休・・・・・

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

釣り以外することがない・・・・っというのもチト寂しい

釣り券購入直後に強風となるという昨日と同じ展開・・・・

日本気象協会 相模原市緑区1時間の天気は、こちら

うらたんざわ渓流釣場の公式HPは、こちら

うらたんざわ渓流釣場の公式FBは、こちら

2022.1.13ラインシステム

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

2021.1.13ラインシステム

  • ロッド    セージZXL2番
  • リール    セージクリック3200
  • リーダー   モーリス オールパーパス12ft7x

26番CDC

26番CDC

フック   KenCube TP77 26番

CDC   マラード1 タン

スレッド  veevus A08 16/0

26番CDCを入手したい方は、こちら

詳細は、こちらなど

26番CDCを使用するための必需アイテム!


エリア区間の状況

昨日の反省から、強風対策として下記の点に注意した

  1. 冷静に強風に有利な浅いエリアを選択した
  2. ラインを水面スレスレに、ナローループで投げる
  3. ループ先端を水面に突っ込ませ、アンカーを作り、ティペットに弛みを作ると同時にポイント付近にフライを着水させる
  4. 風の状況によって、フライを打ち込むポイントを変える
<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

具体的には

・風が吹いているときは、手前側
・強風の時は、下流か耐える
・微風の時は、中央付近

色々と知っている限り、できる限りの風対策をおこなって、釣果を出す。
そのおかげで、フッキングミスはいつものように多いものの、1投1反応!!
そこそこ楽しめる。

一時粉雪が舞い・・・・幻想的?・・・・極寒?っとなった正午過ぎに休憩。

ヤマメクラシック2の状況

コーナーからエントリー
その直後、ニジマスを釣り上げる

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

後が続かない

そもそも反応がしない・・・・・

そういえば、エントリー直後に放流トラックが橋を渡って引き返していった

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

まだサカナが安定していないようだ

なんとかニジマスらしい反応を5回、ヤマメらしい反応を1回得る

・・・・・・全てすっぽ抜け

フィッシングビデオにて、やっとヤマメを釣り、なんとか・・・・・
ホッとして、撤退。

締めのエリアの状況(15:30以降)

今日もエリア区間最上流にエントリー
風が時折強くなるものの、水面は穏やか

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

そのせいか?

サカナの反応が午前中とは比較にならない程悪い・・・・

落ち着きのなさそうなニジマスに狙いを絞って、8匹
ちょうど26番CDCがなくなったので、終了とした

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

エリア区間

うらたんざわ毛流釣場公式HP 釣り場ポイントより引用
12:11

ヤマメクラシック2

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

うらたんざわ毛流釣場公式HP 釣り場ポイントより引用

締めのエリア区間

うらたんざわ毛流釣場公式HP 釣り場ポイントより引用

 

後記(ループの先端を水面に突っ込ませ、アンカーを作るとは?)

強風対策法として、4個を挙げた

その中の3について解説する

「3.ループ先端を水面に突っ込ませ、アンカーを作り、ティペットに弛みを作ると同時にポイント付近にフライを着水させる」

イメージは・・・・

26番CDCを使用するときのラインシステムは、

リーダー12ft7x+ティペットヒトヒロ(80センチ位)

リーダーは、「バリバス オールパーパス」

リーダーの各パートの割合は、次の通り

AF間の最大距離153cm

リーダーのテーパー部とティペット部分との境目付近がをループの先端になる感じなので

ティペット全体の長さは、153cm

  • 12ft×20%×30.48cm=73.152センチ≒73cm
  • 半ヒロ=ヒトヒロ(160cm)×0.5=80cm
  • 1ft≒30.48cmで計算
<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

風で流されたとしても、Aの半径153cm以内にフライは必ず着水

風に流れていることから、風下側である!

弛みを作るについて

ループ先端を水面に突っ込ませることによって、ラインのエネルギーは水に伝達され、フライへエネルギー伝達は激減

フライは慣性で進行するが、ラインからのエネルギー供給がなく、失速

フライはターンオーバーせず、弛みができる

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

物理的に正しいか否かは、分かりません

あくまでも、イメージ

ループを水面に突っ込ませるとサカナが警戒するかについて

そもそも強風対策であるので、水面が荒れていることが大前提。

ループを水面に突っ込ませることによって生じる水面の荒れは、サカナの警戒心を上昇させない

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

管理釣り場では

経験上

強風時にループ先端を水面に突っ込ませることで生じる水面の荒れ

これで、サカナの警戒心が上昇しない

ループを水面に突っ込ませることによって生じる衝撃について

強風状況では、水面に落下する物は多数

例えば、枯葉、枝、ゴミ・・・・

管理釣り場のサカナにとって、こんな物は日常茶飯事のはずだ

っということは、これらが水面に落下する際の衝撃にも慣れている・・・・はず

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

管理釣り場では

経験上

強風時にループ先端を水面に突っ込ませる

これで、サカナの警戒心が上昇しない

コメント

タイトルとURLをコピーしました