増水ならば、ここしかない! 養沢毛鉤専用釣場2021

養沢毛針専用釣場釣行

2021.7.6 GO TO 養沢毛鉤専用釣場。

釣果23匹。ヤマメ10ブラウン3ニジマス10。

 

 

河川状況を毎日WEBで更新する管理釣り場

朝起きて、WEBの天気予報とにらめっこ。

どこ行こうか?

それは、天気次第・・・・。

上野村の中ノ沢毛ばり専用区本谷毛ばり専用区もクローズ

渡良瀬川支流・・・・6月末から増水気味だったから

よくて大増水、最悪濁流・・・・。

うむ

ここは、安全第一だ!

管理釣り場から場所の選定する。

候補としては、

赤久縄養沢毛鉤専用釣場うらたんざわ渓流釣り場ってことかな?

赤久縄は、WEBが週一更新なので

河川の情報が7/2のもの・・・・

これでは、現在の河川の状況がわからない。

今年は一回釣行(2021.6.15 GO TO 赤久縄)しているが・・・・

却下。

うらたんざわ渓流釣り場は、6時くらいに毎日更新されている。

濁りは多少ありそうだが、行けそうな気がする。

しかし、天気予報によると・・・・

却下。

養沢毛鉤専用釣場も河川の状況を毎日更新している。

7時くらいかな?

天気予報は・・・・うらたんと変わりなさそう。

うむ

うらたんは、冬場のホームリバー

養沢は、去年行っていないので2年ぶりかぁ・・・・

ってことで、養沢毛鉤専用釣場に決定!

 

電動アシストMTBの有効性

受付の前に河川の状況と入場者の数を確認するために

下流から上流へクルマを走らせる。

今日は、14台クルマがある・・・・現在20人位かな?

受付番号は18番だった。

最上流の区間には、まだ入渓者がいない。

最上流の駐車場にクルマをとめて

電動アシストMTBで赤保谷へ。

2分くらいだろうか?

歩くと10分?

体力のキープもできる。

クルマに戻るときも考えて欲しい。

電動アシストMTBなら1分

徒歩なら10分?

しかも、下り坂。

膝に負担が・・・・。

養沢毛鉤専用釣場を効率よく釣るには、

電動アシストMTBは不可欠だ!

上記のプランだけではない。

例えば、早淵の駐車場にクルマを停めて、海入道橋から釣るプラン。

早淵から海入道橋まで歩くと10分?

電動アシストMTBなら1分

そして、帰宅の時に電動アシストMTBを回収する。

道路に駐車スペースがあるようにみえるが、

川沿いの道路は、ダンプ?が頻繁に往来し、しかもバスが通る。

あくまでも、すれ違いのためのスペース。

駐車スペースではないことを認識しておく必要がある。

電動アシストMTBは施錠し、住民の方や交通に支障のないようにお願いします。

 

ターゲットをブラウンに変える

赤保谷に入渓。

かなり増水している。

普段の養沢川の3倍?の水量はありそうだ。

沈(チン)は、回避したいので、

ウェーディングスタッフは必需品だ!

岸際の緩流帯を狙って、フライを置いていく。

フライは、ピーコックパラシュート10番

何回も出るのだが、フッキングしない・・・・

ヤマメであることは、確認できた

しかし、放流魚なんでデッカイフライに違和感があるのかもしれない。

天然魚、大増水状況ならば、

このくらいのサイズには、勇猛果敢に食らい付いてくるだが・・・・

やっぱり放流魚だな・・・・ってテンションが急降下。

そこで、ブラウンにターゲットを切り替える。

ブラウンは放流されていない

大昔放流されたモノが細々と子孫を残して、現在に至っている。

つまり天然魚であると言っていいだろう。

ブラウンなら10番ピーコックパラシュートにも

勇猛果敢に喰らい付いてくるに違いない!

ブラウンを狙うなら、細かいポイントにもフライを落としていく必要がある。

放流魚のヤマメが岸際の緩流帯に避難しているということは

小型のブラウンは流心近くの緩流帯か、岸際の小さな緩流帯にいる。

ある程度のフライのロストは覚悟しなければ・・・・。

 

最上流の橋の下流

最上流の橋の下流、約20m位が本命だ

ここは水深もあり、フラットな流れとなっている。

しかも、そこそこ沈み石が点在し、ヤマメが生息するには100点の環境だ。

放流ポイントにもなっているのだろう

いつ行っても、必ずヤマメなり、ニジマスなりの顔が拝める。

ここまで、3匹という情けない釣果・・・・

このポイントで挽回したい!

フラットな水面ということで、フライは

14番アントパラシュート

下流からブラウン、いただきました。

またしても、ブラウン!

おおおお!

今日は、ブラウンの日か?

って思ったが、ブラウンの日はこれにて終了!

ヤマメとニジマスが・・・・釣れまくる?

ポイント真ん中でアントパラシュートの在庫がなくなってしまった。

クルマにもどればあるのだが・・・・面倒臭い。

10番ピーコックパラシュートに変更。

それでも釣れる。

ニジマスに関しては、サイズアップ

ヤマメに関しては・・・・相変わらずで、残念!

ブラウンに関しては・・・・どこへ行った?

橋の上流もいいポイント。

しかし、フラットな水面であるが水深が・・・・

10番ピーコックパラシュートでは無理なのは、明らか。

クルマに戻る。

電動自転車なら1分。

歩けば、5分以上はかかりそう・・・。

そして、体力キープ!

養沢で電動自転車は最強だ!

 

松葉

クルマで早淵の駐車場へ移動。

いつも間にか小雨が降っている。

赤保谷あたりで釣りをしていると

左岸の木々の枝で

小雨くらいでは分からない。

松葉も以前は右岸から枝が張り出していたが

人為的にか?自然的にか?分からないが

枝は張り出していない・・・・

初めて来た時は、この枝に何本?何十本?というフライを捧げた。

あの頃が懐かしい。

張り出した枝がなくなったせいか?

増水のせいか?

まったく生命反応がない。

先行者の姿がある。

彼は右岸中心に釣り上がっている様子

じゃ、左岸だ!

これは正解だった。

少なくも4人の先行者がいる中で

ヤマメも含めて4匹釣れた。

先先行者の方もおおむね左岸を釣り上がったようだ。

左岸は流れが早すぎて、僕には魚がいないように思えたが・・・・

釣果はどうだった?

気になるところだ。

 

早淵

人工的に作ったとみられるプールがある。

上流側に2人

ライズを狙っているのだろうか?

ってころで下流で遊ばせてもらう。

増水、広いプールってことでリーダーを12ft5xにする。

フライは、14番アントパラシュート

結構反応がある。

さすがに手前からの反応は数投でなくなったが

対岸のおさかなさんは、やる気マンマン。

いたずらして、10番ピーコックパラシュートにしてみたら、

ニジマスが釣れてしまった。

驚いて声?を奇声?をあげてしまい、

恥ずかしくなって、周囲をみると

上流側の2人は消えていた。

最後に早淵の上流でヤマメが釣れたので、終了とした。

 

きょうのおさかなさんを紹介するよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました