明るい渓流にイメチェン!?気分はいいが、釣りは難しくなった?赤久縄2022

赤久縄釣行

2022.3.28 GO TO 赤久縄

釣果9匹(ヤマメ4イワナ2ニジマス3)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことがわかります。

①2022.3.28の状況

②自然渓流エリアの注意点

③自然渓流エリアのサカナの活性

④その1匹をどう釣ったか?

⑤どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑥後記(値上げラッシュへの反抗!?)

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜9月20日までに674匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちらこちら

コロナ感染防止・拡散防止対策については、こちら

 

状況

2022.3.28の状況

気温11℃(10:00釣り場駐車場)

車載温度計による

日本気象協会 群馬県藤岡市の1時間天気より引用

日本気象協会 群馬県藤岡市1時間天気は、こちら

赤久縄公式HPは、こちら

 

水温冷たい?

ユキシロではないものの、雪解け水が入ってきている様子

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

「晴れ+渇水」なので、午後から水温上昇がある?

むしろ、冷たくなった・・・・ような気がする

 

無風

 

渇水

去年よりマシかもしれない・・・・が、これは雪解け水の流入のためと思われる。

渇水には変わりがない。

ちょっとわかりにくいかな?

 

蛾、ハエ・・・・・が確認できた。

この時期の定番のミッジは、あまり確認できなかった。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

蛾は、1センチ

水面付近を転がるように飛んでいるのが、目立つ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ヤマメ?イワナ?が飛びつく場面が3回ほどみられた

この様子から14番CDCを選択した。

 

渓相

昨年の赤久縄もすごく変わったが、今年の赤久縄の渓相も・・・・?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

全体的に明るい渓流になった

 

雪のせいだろうか?

木々がかなり倒れたようだ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

渓流を覆いかぶさっていた木々がなくなっている

 

釣りが楽になった・・・・・?

むしろ、難しくなった?難しくなる?ような気がする。

アオサギが入って、サカナが流れに出てこないかも?

日陰を好むイワナは?

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

昨年よりさらに浅くなった

大水で小石や砂が沈み石の隙間に入って、サカナの隠れ家を消滅させたと思われるポイントが多くなった。

これもイワナを釣るのを難しくする要因だ。

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

崖崩れ箇所が多くある

危険だ!

トラロープが張ってあり、「危険」との掲示もある。

 

活性(自然渓流エリア)

「入口〜平坦」の区間は、活性ウンヌンより魚影が確認できなかった。

いつもならウジャウジャいるニジマスもどこへやら?

岩陰、沈み石・・・・・考えられる限りのポイントにフライをキャストしたが、1回も反応がない。

腕のせい?

昨日が日曜のせい?

 

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

渇水で意図的に自然渓流エリアへの放流を控えている?

渇水ではサカナは深場に移動してしまうので・・・・・サカナが1ヶ所に集中する。

これは、鵜やサギなどの天敵?害鳥?を誘う。

管理釣り場としては、死活問題となる恐れから良い判断と思うが・・・・・

 

「山岳渓流入口〜通らず」の区間は、大場所で必ず1回は反応があった。

フライは、14番CDC

14番CDC 詳細は、こちら

水深がスネ程度の場所なら、2つの流れが合わさる場所・・・・・などの定番ポイントで反応があった。

それ以上の水深の場所では、白泡の横・・・・・などで反応があった。

フィッシングプレッシャーが高い?

どのポイントでもサカナがフライをひったくるような素早い出方だった。

ルアーの方、ニンフの方・・・・が多く入った証拠であろうか?

インジケータが置き去りにされているポイントが5ヶ所・・・・・(回収できる場所は、回収しました)。

テンカラの天井糸?も回収した。

 

活性(入口下流の自然渓流風エリア)

魚影はカンタンに確認できる。

が、全体的スレている。

 

ルアーの方が入れ喰い状況だった。

フライは、26番CDC

26番CDC 詳細は、こちら

 

手前に定位しているサカナは、スレている。

フライにアクションをつけ、誘ってみても、無関心。

対岸付近のサカナは、高活性。

フライをキャストし、放置・・・・・ニジマスが、ヤマメが飛び出すって感じ。

むしろアクションをつけると、Uターンしてしまうケースが多かった。

 

その1匹をどう釣ったか?

自然渓流エリアの山岳渓流入口?ってポイント。

流れは、図のとおりである。

今日は大きめのイワナを釣りたくて、赤久縄にきている。

まずはイワナの着きそうなポイントにフライを流していくが、反応なし。

この場所は、自然渓流エリアで釣りをする者なら全ての釣り人が通る。

放流もそれなりに多くされている・・・・はずだが、全く反応がないのは・・・・正直不思議だ。

 

これまで全く反応がないので、なんとか1匹・・・・っと思っていると、右側の岩付近でライズ。

スプラッシュ気味・・・・?

まったく虫が確認できない・・・・ミッジさえも。

注意深く観察してみても、魚影は確認できない。

 

14番CDCをライズがあった付近にキャスト。

右側の流れが速いので、フワッと落とし、縦のメインディングで時間を稼ぐ・・・・・が出ない。

2回・・・・・キャストしてみるも、見にも来ない。

 

状況からして、右の流れの白泡に潜んでいるに、間違いない。

視点を変えて、左の流れの右側を流す・・・・出ない。

 

時間を空けるために、ティペットを交換し、フライをメンテナンス。

フライが真っ白になるまでドライシェイクを施す。

これで水面を転がるように流れるはずだ。

白泡の真ん中にフライを打ち込み、縦のメインディングをしながら、ゆっくりと流す。

左側の流れと右側の流れがぶつかる場所で、フライが一瞬停止・・・・・

白泡の中から一目散にフライに飛びつくサカナ!

 

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

自然渓流エリア

自然渓流風エリア

 

後記(値上げラッシュへの反抗!?)

4月から値上げラッシュ・・・・・。

お小遣いは、現状維持・・・・・。

これじゃ〜〜〜、実質的にお小遣いの値下げである!

っとデモを起こしても、ストライキをしても・・・・・・結果は明らか。

 

せめて消耗品は、お安く購入したい!

僕もそう思います。

消耗品の購入は、基本的にPayPayモールかヤフオク。

 

PayPayモールで購入するときは、日曜日。

色々とPayPayボーナスがあるから、還元率がいい。

うまくやると、20%位還元されることがある。

 

ヤフオクは、特にリーダー、フライラインの購入時に利用している。

出品者を厳格に選定すると、安く買えて、早く届く。

送料無料っていう出品者も多い。

僕が取引させてもらっている出品者は、ライン関係の送料無料。

しかも、どのショップ、どの出品者より安い。

今年もお世話になりそうだ。

 

4月からの値上げラッシュに対抗する手段として、PayPayモールやヤフオクを利用してみるのもいいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました