梅雨の晴れ間にイワナ釣り。ヤマメも釣れて25匹!シャロムの森2022

シャロムの森釣行

2022.5.10 GO TO シャロムの森

釣果25匹(ヤマメ14イワナ11)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことがわかります。

①2022.5.10の状況

②サカナの活性

③14番CDC

④この2匹をどう釣ったか?

⑤どんなポイントでどんなサカナが釣れたか?

⑥後記(カワガラスについて)

 

 

状況

2022.5.10の状況

釣行場所  シャロムの森

天気    晴れ

気温    17℃(10:00受付棟)

日本気象協会 みどり市1時間天気より引用

水温     9℃(11:30)

水量    増水(前回2022.4.28と同じくらいだが・・・・)

風     無風

虫     受付棟付近では、カゲロウ、ハエ、蛾、アリ・・・・など。

      入渓点では、カゲロウ、蛾。

      14:00以降、羽虫は激減した。

 

シャロムの森公式HPは、こちら

日本気象協会 みどり市1時間天気は、こちら

 

サカナの活性

今日は、L4を釣り上がる。

シャロムの森公式HPより引用

橋の袂から入渓。

入渓直後のプールでは、3匹のヤマメが呑気にライズしている。

なにを喰っているかは目視できない。

 

橋をくぐって、釣行開始

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

入れ喰い!

1投目からイワナと思われる反応があった・・・・

が、ヤマメを予想していたので、びっくりアワセですっぽ抜け。

この後もキャストのたびに、なんらかの反応がある。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

今日は手持ちのフライが少ない・・・・大丈夫か?

っと嬉しい心配が頭をよぎる

 

入渓時点から高反応。

  • ヤマメ・・・・流れの中、緩流帯、沈み石、流れ込み・・・・等の全てのポイント
  • イワナ・・・・流れ込みの横、岸壁、沈み石
<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

教科書の復習?って感じ

14:00以降に羽虫が激減するが、フライへの高反応は変わらなかった。

 

L4は、途中入渓退渓が困難になるためか?GW直後にもかかわらずフライへの警戒行動は見られない。

フライをポイント付近にキャストできれば、反応がある。

 

L4は、他の区間と比較して岩盤区間が長い。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

尺イワナは・・・・・断念、残念!

しかも、今年は少し雪代が出ているのか?岩盤の凹みの砂も流されている。

普段ならあるはずの岩盤の砂地が少なく、魚影がうすい。

っといっても、この高反応。

岩盤の小さいポイントでも砂地があれば、イワナの反応がある。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

油断は禁物だ!

 

受付棟付近でアリが確認できたので、14番アントパラシュートをキャストしてみるも、無反応。

これは、予想外であった。

 

この2匹をどう釣ったか?

2匹のイワナを釣ったポイントについて考える。

 

ポイント説明

シャロムの森は、小渓流の管理釣り場である。

小渓流という点を加味するとかなり大きなポイント。

 

下流付近に沈み石がある。

当初の予想では、この沈み石付近にヤマメが定位・・・・っと観察をしたものの、確認できない。

頭上には木々がなく、空がみえる。

サギ等の鳥のエサ場になっていることは、付近にフンが落ちていたことからも容易に想像できた。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ヤマメは、いないかもしれない

イワナなら・・・・

 

14番CDCを沈み石付近に漂わせた。

14番CDCの詳細は、こちら

流れはないに等しく、フライは静止しているか?のように見えた。

 

何の前触れもなく、フライが消えた・・・・・。

チビイワナが釣れた。

・・・・・?

 

天然魚の出方

フライが消えるような出方・・・・・。

これは、天然魚という特有の出方である・・・っと思う。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

バシャ!

この出方では、鳥にここにエサがいますと言っているようなもの

野生化したサカナは、水面を乱さずに捕食する。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

シャロムの森は、完全キャッチアンドリリース

お持ち帰りは、厳禁だ!

 

ヤマメは出ない?いない?

本来このポイントなら、もっと大きなサカナが釣れてもいいと思うだが、チビイワナ・・・・・。

違和感を感じる。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ヤマメの存在を否定しきれない

流れを中心にポイントを探るも・・・・・出ない。

イワナさえも出ない・・・・。

ポイントまでの距離は12〜13m。

こちらの気配を察知される可能性は低い・・・・はず・・・・・出ない。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ヤマメは水面付近にいることが多い

鳥に捕食されたと判断

 

ターゲットは、イワナ!

ヤマメはいないと判断したので、イワナのポイントを探る。

ここしかない!

 

距離15m・・・・リアクションバイトを狙う!

  • ヤマメが多く釣れる時のシャロムの森のイワナは、ピンポイントでフライをキャストしないと反応しない。
  • 直感でプールに足を入れた時点で釣れない気がする。
  • 左岸からアプローチすることも検討したが、ポイントが見えなくなってしまう。

これらから、キャスト位置は現状のポイント最下流付近にした。

ポイントまでの距離は、15m・・・・・ピンポイントでフライを入れるのは難しい。

 

理想をいえば、スラックを入れてゆっくりと漂わせる・・・・コレ、理想。

10m以上の距離があり、スラックを入れ、ピンポイントでフライを小さい場所に入れる・・・・今の僕の実力では無理。

今回は、スラックを入れない。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ポイントを直撃し、リアクションバイトを狙う

少しでも正確なキャストをするため、ティペットを短くする。

  • 通常は、ヒトヒロ
  • このポイントでのティペットの長さは、半ヒロ

 

14番CDCのメンテナス

フライをメンテナンスする。

14番CDCのボディ部分を湿らせる。

  • 着水後 わずかな時間でフライを安定させる
  • 水面下にフライの一部を置くことでサカナにアピールする
<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

リアクションバイトを狙う状況

どれほどの効果があるか?

疑問・・・・

 

実釣

フォルキャスト2回。

ポイントとの距離を正確に測る。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

フォルキャストはポイントから外す・・・・・コレ、常識

シュート!

1回目ショートでポイントに入らず・・・・・。

フライが流れに乗って、プール中央付近まで来るのを待って、ピックアップ。

そのまま、フォルキャスト1回、シュート!

 

ループは鋭角、水面を叩くようなターンオーバー。

入った!

出た!

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

フライの着水を同時に出た!

派手なスプラッシュライズではなかったが、大口を開けてフライを喰らうのが見えた。

 

反射的に大きなアワセ!

イワナが飛んだ・・・・・ラインが緩む・・・・・フックアウト?

ラインをたぐると、手応えがアリ!

ネットイン・・・・フッキングの状態を確認。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

これだけ呑み込んでいれば、外れないよな・・・・と一安心

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記(カワガラスについて)

夕刻、水面付近をカゲロウが飛び回るようになると、決まって出現するカワガラス。

カワガラス

 

僕は鳥には興味がないのだが、カワガラスは状況判断材料の一つにしている。

 

  • 生活雑排水が流れ込んでいない証拠

渓流でカワガラスを発見することは、この河川上流に人家がないと推測できる。

私見であるが、生活雑排水が河川に流入すると、羽根に備わっている撥水機能が低下する。

鳥は羽根が濡れて、飛行や素潜りなどの行動に支障が出る。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

本能的に理解している・・・・かもしれない

 

  • カワガラスが水際に見るときは、ハッチが間近。

彼らの主食は、カゲロウなどの水生昆虫。

ハッチがいつ起こるのか?が分からなくては、生命維持できない。

ドライフライフィッシングにおいては、釣り上がるか?ライズをその場で待つか?重要な判断材料となる。

  • カワガラスが水辺で休んでいる?ときは、サカナの反応が悪い

カワガラスが飛んでいない時は、水生昆虫が確認できないことが多い。

しかも、水辺でジッとしていると見る時は、カワガラスは稚魚を狙っている。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

水温低下でサカナの行動が鈍く、捕食しやすいとわかっている?

 

カワガラスのYouTube動画に驚いた。

「イワナ産卵と卵を捕食するカワガラス」という動画。

 

漫画の主人公が、

「血液は完全食品です。生命維持に必要なすべての成分が摂取できる。」

と言っていた。

サカナの卵も同じだ。

しかも、サカナの卵は逃げないし、赤く目立つし・・・・・カワガラスには捕食しやすいご馳走だ。

 

考えてみれば、カワガラスがサカナの卵を捕食するのは、当たり前かもしれない。

動画で確認できたのは、ありがたい。

群馬県林業研究グループ連絡協議会「群馬県林研」さんに、感謝だ!

 

YouTubeにアップされていたタイトルにびっくりして、見入ってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました