気力!体力!推理力?源流イワナ釣りは面白い!シャロムの森2022

シャロムの森釣行

2022.5.16 Go TO シャロムの森L4中間付近〜L5

釣果6匹(ヤマメ0イワナ7)

 

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことがわかります。

①2022.5.16のシャロムの森の状況

②サカナの活性

③10番ピーコックパラシュート

④この1匹をどう釣ったか?

⑤どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

⑥後記(シャロムの森L5は、面白い!)

 

 

状況

2022.5.16のシャロムの森の状況

  • 天気   小雨(一日中)
  • 気温   12℃(9:30受付棟)
日本気象協会 みどり市1時間天気より引用
  • 水温   10℃(10:00L4中間付近)
  • 水量   増水(前回釣行2022.5.10と比較しても増水)
  • 風    無風
  • 虫    空中、地表ともに確認できない

 

シャロムの森公式HPは、こちら

日本気象協会 みどり市1時間天気は、こちら

 

サカナの活性

今日は、シャロムの森L4中間付近〜L5を釣り上がる。

シャロムの森公式HPより引用

虫は空中・地表とも確認できなかった。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ライズは、確認できない

サカナを目視できないか?試みるも・・・・目視できなかった。

 

水温10℃なので、そこそこ反応があってもいいのだが・・・・。

14番CDC反応ナシ。

14番CDCの詳細は、こちら

 

増水なので、フライの一部が水中にあるフライを選択する。

14番アントパラシュート・・・・沈黙。

14番アントパラシュートの詳細は、こちら

 

イワナがメインの区間、増水、虫が全くいない・・・・っという状況でも全く反応がないのはおかしい。

周囲の観察をする。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

小雨っとあって周囲の観察が雑になっていたようだ

 

注意深く観察してみると、

  • 枯れ葉のかなり踏み固められている
  • 岩の苔が不自然に剥がれている(ピンスパイクで削ったような)

ってことは、

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人
  • 過去2〜3日内に間に入渓者がいる
  • サカナの反応から直近の入渓者は、水面下の釣りをしている可能性が高い
  • 苔の不自然な剥がれ具合からGW中は相当に攻められているかもしれない

 

さて・・・・どうするか?

水温10℃なので、本来サカナの活性は本来いいはず!ってことで、フライの一部が水中にある10番ピーコックパラシュートを選択。

あっさり出た!

10番ピーコックパラシュートの詳細は、こちら

 

10番ピーコックパラシュートは、今日の在庫6本・・・・・。

一桁釣果は確定・・・・残念!

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

僕は1匹でフライを交換し、廃棄する

廃棄フライは、お持ち帰りです

 

10番ピーコックパラシュートを選択後、チビイワナはほぼUターン。

20センチ以上のイワナだけが咥えてくれた。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

釣れたとは、言ってませんので・・・・(泣)

 

この1匹をどう釣ったか?

シャロムの森L5

源流区間・・・・大岩あり、高低差あり

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

体力勝負です

釣り上がるルートによっては、まるで沢登りって感じ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

真夏ならまだしも・・・・・まだ夏ではない

ってことで、岩をよじ登るような沢登りルートは避ける。

 

ポイントも深く、大場所が多いのだが・・・・・

高低差のせいか?枝が水面付近まで張り出している。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

藪沢って感じかな?

当然、バックスペースなんてないっと全てのポイントにおいて断言できる。

 

振り出し竿なら楽に攻略できそうだが、7ftフライロッドでは・・・・・。

大苦戦!

 

リーダーシステム

  • ロッド   セージTXL0番7ft
  • ライン   ティムコ SA スープラ JストリームDTT DWF1F ウィロー

シャロムの森の釣る時の通常のシステムだ。

 

これを

リーダー  モーリス オールパーパス7.5ft5xのバット部分をカット(5ftくらいになるかな?)

ティペット トヨフロン スーパーLハード0.6号1ft(フロロカーボン)

に変更する。

 

これでも、フォルキャストするスペースはない。

 

キャスト位置の選定

ポイントに到着すると、

  1. イワナが居そうな場所と出そうな場所を推理する
  2. ロッドを触れそうなキャスト位置を探す
  3. 発見したキャスト位置にゆっくりと移動する

ここまでやって、サカナが逃げられないければ、ほぼ釣ったも同然

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

フライを枝にひっかけなければ、ですが・・・・

 

実釣

ポイントに到着し、まず目視でサカナを探すも、発見できない。

このポイントも枝が水面付近まで張り出している。

頭上の空間はないが、水面付近にはスペースがある。

  • ボアキャストか?
  • サイドキャストか?
  • ロールキャストか?

で対応する。

 

右岸からのキャストは考えられない。

右岸からキャストだと、流心を跨いで、フライを置くことなる。

超ショートリーダー&ティペット・・・・・これでは、ドラックは避けられない。

潜んでいるのは、イワナ。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

20センチ以上のイワナであれば、

フライが着水し、

反応があるまで、

おそらく2〜3秒はかかる

この超ショートのラインシステムで2〜3秒ナチュラルドリフトを保つのは無理だ。

 

左岸からのキャストなら、ボアキャストかロールキャストかサイドキャスト。

ボアキャスト。

ボアキャストは、飛距離不足・・・・無理だ。

  • ポイントまで5m位ある。
  • 重くて空気抵抗の大きい10番ピーコックパラシュートを選択している。

 

ロースキャスト。

ロールキャストも不可。

ロールキャストでは、多くのフライラインを水面におく。

風もないし、小雨だし、水面が全く乱れていない。

この状況でロールキャストでは、キャスト時に水面を乱し、サカナに釣り人の気配を察知される。

 

消去法で、サイドキャストを選択する。

オフショルダーのサイドキャスト・・・・・通常のサイドキャストより頭上のスペースを確保しなければならない。

仕方がないので、もう1m下がって、岩を一段降りて、膝立ち姿勢でのキャストを試みる。

なんとかいけそう・・・・だが、ポイントまで6m

フォルキャストは、1回しかできない。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

この条件下で距離と位置を合わせるのは、

かなりレベルが高い・・・・っと思う

 

フライをチェックして、フォルキャストなしでキャスト・・・・・飛距離不足。

ピックアップして、そのままシュート!

うまくポイントに入った!

ゆっくりと流れの方に流れていく・・・・・が、ドラック回避ために縦のメインディングを入れる。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

ショートリーダーシステム

フライが動かないように

手前のフライラインに対してスラックを入れる

1・・・・・2・・・・・3・・出た!

ゆっくりとイワナがフライを咥えたのが、見えた。

一呼吸・・・・アワセ!

ズンッ!

いい手応えだ!

 

ネットインしたイワナからフックを外そうとすると、完全に奥まで飲み込んでいた。

イワナをターゲットにするなら、

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

アワセの前の一呼吸・・・・

これは重要だ!

 

どんなポイントで、どんなサカナが釣れたか?

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

サカナが出たのは、全て写真の中央付近です

写真のどこにサカナが潜んでいたか?

想像してみよう!

 

後記(シャロムの森L5は、面白い!)

シャロムの森L5・・・・・僕は、一番苦手な区間であり、一番面白い区間であると思う。

対象魚は、イワナのみ。

 

釣るのに、色々とやらなくてはいけないことがある。

  • イワナが潜んでいる場所の推理
  • イワナが反応する場所の推理
  • キャストスペースの確認及びキャスト位置の選定
  • キャスト位置への移動

・・・・・

ポイントによっては、取り込み位置も考えておく必要がある。

 

とくかく考える・・・・とにかく時間がかかる

そのくせ、これらのうち一つでもミスったら、サカナに逃げられる。

<strong>西洋毛ばり人</strong>
西洋毛ばり人

シャロムの森のサカナは、天然

警戒心は半端なく高い

 

過去には、1時間かけてこれらの工程を行い、

出た!釣った!やったぁ〜〜〜!

・・・・・っと思ったら、

ネット直前で自分が転けて、フックアウトなんてこともあった。

 

L5では、ロッドを2回ほど折っているし・・・・。

相性が良くないのかもしれないが、もっとも攻略したい区間だ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました