災害復旧!?魚影は?腕自慢の釣り人は行くべし!うらたんざわ渓流釣り場2021

うらたんざわ渓流釣り場釣行

2021.9.8 GO TO うらたんざわ渓流釣り場

釣果15匹。ヤマメ3匹ニジマス12匹。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

僕の簡単なプロフィールです。

ドライフライフィッシング専門家。

2021年度3月〜6月末までに395匹をドライフライで釣っています。 

プロフィール詳細は、こちら

釣果詳細は、こちら

この記事を最後まで読んでもらえると、次のことが分かります。

①被災したうらたんざわ渓流釣り場の近況

②ある1匹を釣った様子 ヤマメクラシック2

③どんなポイントにどんな魚が居たか

④冬季のうらたんざわ渓流釣り場に期待すること

 

うらたんざわ渓流釣り場の状況

うらたんざわ渓流釣り場しかない!

最近の大雨で大きな損害を受けたうらたんざわ渓流釣り場

復旧して営業再開とのFacebookの情報。

母がショートスティデビュー。

本当なら遠征にも行きたいのだが・・・・

初ショートスティってことで、連絡の着く場所

つまり、スマホに電波が届く場所・・・・

ってことで、渡良瀬川支流も上野村特設釣り場も無理かぁ。

しかも、2021.9.8北関東は雨模様・・・・。

この御時世、発熱すると厄介だ。

そんなわけで、降水確率が若干低いうらたんざわ渓流釣り場に決定!

災害復旧?

国道から林道に入る。

しばらく走ると、崖が崩れている。

一応応急処置はされているが・・・・ちょっと怖い。

本格的な補修?復旧が完了するのは、来年かな?

県?の予算がつかないことには・・・・ねぇ。

うらたんざわ渓流釣り場の状況

区画エリアはきっちり治っている。

これは、期待できそうだ!

が!?

災害前はウジャウジャいた魚は・・・・・

増水で流されたことは理解できるが、それにしても少ない。

災害復旧後、あまり放流してない?

週末天気が良かったから釣り切られた?

魚を目視できないほどではない・・・・が、少ない。

やな予感。

この薄い魚影で50人くらいの釣り人が狙う・・・・

そりゃ、スレるよね。

連日?

そりゃ、相当スレるよね。

うらたんざわ渓流釣り場 釣り場ポイントガイド 公式サイトより

区間エリア

いつもならニジマス20匹をノルマとして、その後ヤマメクラシックに移動するだが・・・・

釣れない。

スレていることを前提に最初からミッジ(26番CDC)を選択しているが、釣れない。

見にくいですが・・・26番CDC

定期的なフライ交換を実行してみる。

最初の5投くらいは反応があるだが、あとが続かない。

しかもその反応も喰う・・・・っというより、見にくるというだけ。

たまに食ってきても喰いが浅いので、連発フックアウト。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

12番スズメバチカディス?14番アントパラシュート?

ガン無視!

ミッジで2時間以上・・・・8匹

いい加減飽きたので、ヤマメクラシック2へ

ヤマメクラシック2

ヤマメクラシック2手前の区画エリア

ここにも重機が入って、掘り直しているようだ。

落ち葉の堆積がなくなっている・・・・

これで、ハッチがあるのか?

心配だ。

重機が通路を修復している。

まぁ、声をかければ一時工事を中断してくれるだろうが、

ひっきりなしに作業している

重機の爆音で一声が届いていない様子・・・・

上流側に行くために、一度川を渡り、工事区間をやり過ごし、再び川を渡った。

サイドワインダーの淵もコーナーの淵もパラダイスも砂で埋まっている。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

いい思いをしたコーナーが・・・・・残念

カジカ淵は、さらに深くなっている。

エルクロードやフィッシングビデオは流れが広くなり、僕の好きな渓相になっている。

バックスペースを気にしないで、ロッド振ることができる。

ヤマメクラシック2も全体的に魚影がうすい。

釣り上がっていくと、鵜が数羽飛び立った・・・・

原因はこれかもしれない。

 

ある1匹をどのように釣ったか?

1回目のエントリー

12時からヤマメクラシック2へ。

エルクロードの中間点辺りだろう。

以前より川幅が広がった左岸

ここもスレているし、魚影はうすい・・・・。

右岸側の反応はまったくない。

エルクロードは、左岸を釣るために川に入る。

無数にポイントがあるが、右岸、中央部には反応がない。

そして、左岸。

魚が定位していると予想したポイントは、ABCである。

手前のAから順にスズメバチカディスを流していくが、反応がない。

スズメバチカディス

C地点を狙って、スズメバチカディスをDに置く。

フライラインは、1のようになって着水した。

このままでは、ドラッグがかかる。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ドラック・・・・

ラインが流れに引っ張られ、その影響でフライが不自然に流れること

メインディングでフライラインを2のように置き直す。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

メインディング・・・・

ロッドを煽って、フライラインを上流側に置き直すこと

ナチュラルドリフトしたフライはゆっくりとD地点からC地点に流れていく。

出た!

が、スッポ抜け・・・・。

かなりゆっくり出た。

今までの出方とは全く違ったので、アワセが待ちきれなくてのすっぽ抜け。

その後、数回流すも出てくれなかった・・・・

しかし、このゆっくりとした出方。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ひょっとしたら1時間もすれば、またチャンスがあるかも・・・・

と期待を込めて、釣り上がろう!

2回目のエントリー

2時間後・・・・

そろそろ警戒心も緩んだかな?

再びこの場所に入る。

僕の後に釣り上がってきた人は、3人。

2人はテンカラ、もう1人はフライ。

テンカラの方はウエットウェーディング。

今日は曇りで気温も高くないので、瀬の中を釣り上がってきたとは考えにくい。

すれ違った時に膝上までは濡れていなかった。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

①右岸のみを釣ってきたか?

②あのポイントに対して棒立ち状態でかなり接近して釣っているか?

いずれにしてもこの二人には、このポイントで釣られていないだろう。

もう1人のフライの方は、カジカ淵を釣っていた。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

少しキャスティングを観察していたが、ベテランさんだ。

この方には、釣られた可能性がある。

さっきは、12番スズメバチカディス・・・・ですっぽ抜け。

今回はどれを選択するか?

2時間経過しているとはいえ、あれだけゆっくりと出て食えなかった・・・・・魚の意識あり?

この事実を前提に考える。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

・この流れでは、ミッジでは小さすぎる。

12番スズメバチカディスは警戒されているかもしれない

・区画エリアで14番アントパラシュートで2匹釣っている

以上から、14番アントパラシュートを選択する。

14番アントパラシュート

魚が定位している予想しているA地点から順に流していく。

全地点で無反応・・・・・

やはり、カジカ淵のフライマンに釣られたか・・・・。

第二候補12番スズメバチカディスに変更する。

少し間を置くために、3歩上流側に移動する。

A地点から順に流していく。

A地点無反応。

B地点は、Eにフライを置いて、ナチュラルドリフト。

3歩だけだが上流側に移動したので、多少流し込む形なり

ナチュラルドリフトが楽になったと同時に距離が50センチくらい伸びた。

らんちぼっくす
らんちぼっくす

メインディングも不要になった!

ゆっくりと流れていく・・・・

B地点の手前F地点でフライに飛び出した!

らんちぼっくす
らんちぼっくす

ひったくように飛び出した!

 

さて、今日のおさかなさんを紹介するよ!

後記

釣り場環境の整備のために河川を掘り返すのはいいのだけれど・・・・・

あまり深すぎるのは、困る。

ドライフライに出にくくなってしまうから。

これから落ち葉が水中に堆積する季節だが、

この水中に堆積した落ち葉に水生昆虫が住んでいることが多い。

これを除去してしまうと、ライズが激減する。

ライズが少なかった・・・・。

冬季うらたんざわ渓流釣り場に通う目的は、真冬でもライズがあり、ライズフィッシングができるから。

沈めて釣るだけなら、ヘラブナの方が面白い。

そんな事情も考えた釣り場整備を期待する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました